スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美容室の罠

先日、美容室に行った。おしゃれな僕は10分1,000円の床屋ではなく、きちんと予約をして美容室に行く。

”そこは? ネット予約じゃないかしら??”

なんてマツコ・デラックスに影響されたワケではない。

いつもいつもそうなんだが、予約時間より早めに行っても待たされる。ならばと、遅めに行っても待たされる。もちろん時間ピッタリに行っても待たされる。どこの美容室でもそれは同じだ。俺の経験上。とにかく待たせすぎだろ。しかも俺は毎回ちがう美容室であることが多いのにも関わらず ・・ん?もしかしてご新規様だから待たされるのか?


名前を呼ばれ、席に座ると、美容師がいろいろと話しかけてくる。「今日はどうなさいますか?」等の質問は仕方がない。だが、それ以外の会話は俺は遠慮したい

だから今回は俺は美容師との会話を避けるべく、あのカッパみたいなものを着せられる際に「ケータイ読んでてもいいですか?」と一言放っておいた。

ところがどっこい、カットが始まるや否や、美容師はしゃべりまくるまくる。今日はお仕事休みですか~?明日はお仕事ですか~?結婚されてるんですか~?等々、もーーうるさい!黙れこの野郎!!!ケータイなんて一行も読めないし。

しかし、そこは大人のうっちゃんイヤな顔ひとつせずに会話をこなす。うわべだけだが、なんとなく仲良くなる感じになる。

”ん~、まあ悪い人じゃないなこの人は。” なんて俺が思い始めたとき、美容師はおもむろにお店のメニューを取り出した。
「いま、こちらのなんとかシャンプーをしていただきますと~、頭皮の汚れが~なんとかかんとか~~~」

って早速俺らの間に芽生えたつかの間の友情を壊しにきやがった。

「プラス2,000円がかかっちゃうんですけど~、一度やってみないと効果はわからないでしょうし~~なんとかかんとか~~~ ということで、今日はこれやっておきましょうか!!」

ってやる気マンマンだし。正直なところ、シャンプーなんてどうでもいいし、継続しなきゃ結局意味ないんだろ?と思っていたので、とても断りたかったが、美容師の気迫におされて ”あ、お願いします” なんて言っちゃう俺。これが美容室の罠ってやつだな~。

やっぱり美容師は信用できん。宗教の勧誘とかも一緒にやったら、結構成功すんじゃないの??

Comment

  • 2014/10/04 (Sat) 21:50
    じゅ #- - URL

    ザ日本人って内容の日記だよっ

  • 2014/10/05 (Sun) 21:19
    ウチムラ #- - URL
    No title

    >じゅん

    もっとYESーNOのはっきり言える人間になろう。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。