スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デビル

映画「シックス・センス」の監督として有名なM・ナイトシャマランが原案・製作した「デビル」という映画を見た。M・ナイト・シャマランといえば、”シックス・センス”以降、あまりパッとしていない。それどころか、シックス・センスの評判が良すぎたために、その後の作品はことごとく人々をガッカリさせている。だから俺は、期待するようなそうでないような、なんともいえない気持ちで見た。そしてこの「デビル」という映画は監督こそしていないが、彼の色はとても強かったと俺は感じた。

~~あらすじ~~ (goo映画より抜粋)
高層オフィスビルで一人の男が墜落死した。現場に急行したフィラデルフィア市警殺人課のボーデン刑事(クリス・メッシーナ)は、ロザリオを握りしめた死体に不自然な思いを抱きつつも、状況から自殺と断定する。その頃、エレベーターの一基が突然停止し、セールスマン風の男(ジェフリー・エアンド)、老女(ジェニー・オハラ)、警備員のラーソン(ボキーム・ウッドバイン)、身なりのいい若い女(ボヤナ・ノヴァコヴィッチ)、そして整備工の若者(ローガン・マーシャル=グリーン)の5人が閉じ込められた。状況に気が付いた警備室の警備員ラスティグ(マット・クレイヴン)とラミレス(ジェイコブ・バルガス)は整備担当のドワイトに故障したエレベーターの確認に向かわせる。エレベーターの中で5人はパニックになりながらもなんとか冷静さを保とうとしていたが、突然照明が消えて再点灯したとき、若い女の背中が切られて出血。5人は誰が犯人かお互いを疑う。


デビル [DVD]デビル [DVD]
(2012/06/20)
クリス・メッシーナ、ローガン・マーシャル=グリーン 他

商品詳細を見る


密室で起こるさまざまな出来事を描いたこの映画、映画のほとんどの部分はエレベータの中だ。こういうワンシチュエーションを描いた映画は数多くある。いま俺がふと頭に浮かんだのはコリン・ファレル主演の「フォーン・ブース」だ。これは電話ボックスの中での話だ。確かずいぶん昔にこのブログでも紹介した気がする。

話は戻るが、この作品はずっとエレベーターの中での出来事を描いているだけの映画だ。一歩間違えば、視聴者は同じ背景に飽きてしまう。しかーし、そこは原案者がよかったのか、監督がよかったのか、はたまた演者がよかったのか、時間を気にするような瞬間はやってこない。僕目線ですが。

ただね、タイトルからわかるように、テーマ(?)はデビルなんですよ。悪魔だよ悪魔。目には見えないものなのよソレは。なんなら人の心に潜むものといってもよい。スッキリしない人はスッキリしない。そんなものを描いている映画。謎の出来事が次々に起こり、なんだ?犯人はだれだ! えーー?! みたいないろんな感情を持ってみることの出来る映画でもある。少し例えが古いが、X-ファイルが好きな人はとても楽しめる作品だろう。といはいっても、面白かったよ!絶対みたほうがいいよ!!見ないと人生損するよ!という映画でもない。。

結局この映画の言いたかったことって、タイトルが「デビル」の時点で終わってるんだと思う。カンのいい人の想像通りの内容ですよ。まぁ、暇つぶしに見るには面白いと思う。

Comment

  • 2014/10/05 (Sun) 22:21
    えぼ #- - URL

    フォーンブースは傑作だ。このブログ観て気になって借りた気がする。犯人はたしかジャックバウアー

  • 2014/10/08 (Wed) 18:46
    ウチムラ #- - URL

    嬉しいコメントじゃねーか!

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。