Read more

お祓いに行きたい

 足に釘が刺さってから順調に回復かと思われたが、その後見事に体調が優れない。ってか悪い。悪すぎて何も手につかん。テレビすら見れないし、眠れない。だから余計にイライラする。最悪な日々だし。そんな日々を送りつつ、先日は自転車に乗って田んぼに突っ込んだ。痛かった。ありえんし。そして夏風邪をひいたらしい。昨日からくしゃみと鼻水がとまらず、今日に至っては頭痛がひどい。気持ちも悪い。吐きそうだし、苦しいし。耐...

Read more

手術はまぬがれました。

 第一回目の整形外科での診察から、松葉づえ生活を送ること五日。熱にうなされ、足の痛みに悶えつつ、症状はだんだんとよくなっていった。さすが現代の医学。医者ってすげー。看護師ってすげー。と思ったり思わなかったりしながら、第2回目の診察に行った。 今回は再診で、予約制だったので病院到着から、診察室INまで10分とかからなかった。医師に患部を見せること2秒。「あーだいぶ良くなりましたね。手術しなくてもよさそ...

Read more

足の裏に釘が刺さった日 ・・診察・・

釘が刺さった週明けの月曜日、ERで念を押されたこともあり、朝イチで紹介状を手に持ちつつ総合病院の整形外科に行ってきた。待たされること小一時間。予診を受け、採血をされることに。えええ、また採血かよ。昨日とったばっかじゃん。(何度も言うが、俺は誰よりも採血がキライじゃ。トラウマがある。)昨日採血もしたし、レントゲンも撮ったから、その病院からデータもらえないの?と聞いてみるも、患者さんが直接持ってこない...

Read more

足の裏に釘が刺さった日 ・・洗浄そして帰宅・・

続きの続きようやく俺の傷を見てくれることになった。医師に「これはちょっとやっかいですね」と言われたまま放ったらかしにされていたままの俺の傷を。医師「中に入っちゃってますね。」俺「(釘についてた)サビがですか?」医師「サビ・・かどうか分からないですけど、鉄が入ってますね。これは取れないだろうなぁ」とっても俺を不安にさせる医師。医師「傷回りも汚れてますので、洗浄してちょっとほじくってみます。」洗浄はい...

Read more

足の裏に釘が刺さった日 ・・ER・・

ずっと続き救急病院に着いた俺。時間外受付の窓口へと足を引きずりながら歩いた。受付には定年を迎えてパート労働しているらしき老人が3人。入ってきた俺を見ようともしない。受付正面に立っても誰も相手にしない。いらっ!!!!お前らぼけー仕事しろよっ!と思いつつ、俺から声をかけた。俺「すいません、さっき・・・」手元の書類を見ながら、老人A「お名前なんでした?」俺「名前?名前なんて名乗ってないけど」老人A「え?...

Read more

足の裏に釘が刺さった日 ・・skype→救急病院・・

前々回・前回記事の続き足の痛みから気を紛らすためにSkypeを立ち上げた。そこには、のんきな会話を繰り広げるpipopanとぼっちがいた。ここからは当時行なった実際の会話を交えて書いていくとする。俺ログイン。pipopanとぼっちは、pipopanのしょーもない引越し話に花を咲かせていた。以下、Skypeのログより。pipopan: 部屋狭いからベッド捨てたウチムラ: もうだめだしpipopan: そしたら2万円とられたウチムラ: 死ぬ ...

Read more

足の裏に釘が刺さった日 ・・数時間後・・

前回記事の続き。身内の家屋解体準備をしていた俺。前述の通り足の裏に多少の痛みを感じながらも作業を滞りなく終えた。俺の心はとても大きな達成感に満ち溢れ、スッキリ爽快さわやかな気分ですらあった。他3人の身内とも、お疲れ~!じゃあまた次回よろしく~的な感じで解散。しっかり汗をかいたので家に帰って早くシャワーを浴びたかったが、ちょっと帰り道に寄りたい所があったので、そのままお店へと向かった。買いたい物も決...

Read more

足の裏に釘が刺さった日

ビク(愛猫)のことやら、ショル(愛猫)のことやら、ショルの事やら、ショルのことやら、書く事はいっぱいたまる一方なのだが、なにかとサボリがちでごわす。が、今日は表題の通り俺に事件が起きた。その気を紛らすためにブログを書く。今日は(昨日)は大変な目にあった。正確には、これからも大変な目にあう。午前中に温泉に行き、雨もあがって陽気な気分でいた午後のこと。俺は身内の家屋解体準備で木材やらなんやらの片付けに...