スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信じることは難しい

え~・・大変遅ればせながら、「バトル・ロワイアル(小説)」をやっと読み終えました
買ったのは3ヶ月~半年前だったと思うのですが、、、。読むのが遅かったのではなく、タダ単に読んでいなかっただけでがんす。
だって長いんだもん!
本を読んだことや、手に取ったことがある方ならご存知でしょうが、とにかく分厚いのですよ。持ってるだけで疲れちゃうし

あー長き道のりだった。
でも、思っていたより、心は黒くならなかったと思う。(一気に読んでないからかもしれないが・・・。)
なんでまたこの時期にバトル・ロワイアルかというと、ただ古本屋にて目に付いただけです。意味なか。軽い気持ちで手に取ったけど、とったけど・・・・

読み終わってからネットで書評をいろいろとみてみたんですが、
やめたいのに、読まずにはいられなかった
とか、
一週間で読破!感動した!!
等、みなさんそれほど長さは苦にならなかったようで・・・。俺だけですか。そうですか。
書評見るついでにDVDの方の感想も読んでみました。
ちなみにDVDだけは絶対みない。心が汚れると、前々から俺は決めていた。
ところがどっこい、DVDの感想では
絶対みてほしい!
怖くはない。
感動する。
泣ける。泣かないやつは人間じゃない

と、意外なことがかいてありました。
それで不覚にもちょっと心が動いた俺・・・・。
今更だけど観てみようかなあ なんて思ったり思わなかったり。

小説をそのまま映像化したら、大変なことになっていたのは必至だが、どうもそうではないらしい。まあ、映画の尺からいけば小説の記述よりたくさん省いていることは当たり前なのだけど。

さぁ、どうすっかな。

(関係ないけど)舞台は香川県だったが、うどんは一切でてこなかったぜ!


SMAPの新曲いいな。俺のいまイチ押し

Comment

  • 2005/11/29 (Tue) 14:40
    mimi #- - URL
    私は小説のほうがおすすめ

    こんちは~、バトルロワイヤル、
    ちょっと(かなり?)前に読んだので
    ちょっと記憶も薄れがちですが…。

    たしか映画も見ましたが
    アレだけの内容を収めるには時間が足りないよなあ
    って感想でした。本を読んでから見ると
    物足りないのではないかと…

    栗山千明はコワくて好きでしたが。
    あと、最後(だったかな?)まで残った男子(桐山だったかな??)
    彼はほとんど怪物です…

  • 2005/11/30 (Wed) 20:45
    内村 #- - URL

    コメントどうもです。

    なるほど、やっぱり小説のほうがいいんですね^^;

    DVDを観るのはやめておきますw

    俺は桐山の不運と頭のよさに脱帽しました。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。