スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名作とはいえ・・

結構以前から、メルヴィル著の「白鯨」上・中・下巻を読んでいるんですが、とにかく使われている言葉が古く、かつ難しいので、漢和辞典と国語辞典を手放せない状態でした。
気の遠くなるような作業ともいえる読書でしたが、やっとこさ下巻のラスト50ページのところまで来ました・・・。ここまで来るのがどんなに艱難あふれることだったか、読んでいない人には共感できないことでしょう。
とりあえずなげーし。
ラスト50ページにきて、やっと白鯨登場だよ!!
登場おそ

一応漢字や意味等、せっかく調べたので、A5サイズのルーズリーフに記していきました。終わってみればなんと7ページも・・・。
まぁ、僕の知識の無さもそれに拍車をかけたとは思いますが、それにしてもでてくる語が捕鯨漁業関係の専門用語だったりして、もうシッチャカメッチャカ。おかげで一時期は暗澹とすることも・・・。いや、それは過言か。
とにかくこの厖大な文章を読み終えることが出来そうです。
欣快ですが涙なしにはいられません

もう鯨はこりごりです・・。次はもっと諧謔あふれる本を読もかな。。。
あーでもcodamaに薦めてもらった山本七平さんの本もまだ読んでないや・・。
うーん・・・

(最近メイプルしてないな・・)
Theme: 読書 - Genre: 小説・文学

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。