ネバーランド

素晴らしい!
なんと美しくて切なくも温かいストーリーなんだ!!

上記は、映画「ネバーランド」を観た感想です。
びゅーりほー
neba-rando425.jpg

監督・キャスト
監督:マーク・フォースター
出演:ジョニー・デップ ケイト・ウィンスレット ダスティン・ホフマン ラダ・ミッチェル イアン・ハート ケリー・マクドナルド

あらすじ・解説
20世紀初頭のロンドン。劇作家のジェームズ・バリ(ジョニー・デップ)は、公園でシルヴィア(ケイト・ウィンスレット)と4人の息子たちに出会う。三男のピーターは、父親の死後子供らしさを失っていたが、ジェームズはその姿に、自分が幼い頃に作り上げた想像の世界、ネバーランドを思い起こす。子供たちとの親交に刺激され、ジェームズは新しい劇に取り掛かるが、世間ではあらぬ噂が立ち、ジェームズの妻メアリーは孤独を感じていた。やがて新作「ピーター・パン」が誕生するのだが…。

永遠の少年、ピーター・パンを生み出したスコットランドの作家、ジェームズ・マシュー・バリと、「ピーター・パン」誕生の裏にあるドラマを描く感動作。世界的に知られるファンタジーが、実在の子供たちから着想された物語だったとは、想像するだけでワクワクするが、現実には多くの悲しみや痛みが存在し、4兄弟だけではなく周りの大人たちも、それを乗り越えて様々に成長していく。
(goo映画より抜粋)

本当に、内も外も美しい映画だ。セクシーな男ナンバー1に選ばれた男だけあって、ジョニー・デップは黙っていても、なんというか、言葉に表現できない演技とオーラを持っている気がする。
で、この作品はとても美しく、またファンタジック。映画開始早々に人を引き込ませる力と魅力がある。また、泣けるんだよなーこれがっ子役の演技もものすごく素晴らしい、その点についてはジョニーも非常に感心していたようだ。映画の中で三男を演じるフレディ・ハイモアは映画「チャーリーとチョコレート工場」でもジョニー・デップと共演している。ポスト・ハーレー・ジョエル・オスメントといわれてるだけあってすごい。彼が胸の内をジョニーにぶちまけるシーンは涙なしには見られないだろう。どこかの作品レビューに「号泣するほどではないが、胸にじーんとくるものがあって泣ける」と書いてあった。確かに胸にじ~~~~んときますそして僕は号泣でしたけどね
この映画は事実を基にして作られたそうですが、こんな素晴らしいストーリーがあったのかと思うと、また胸が熱くなります。人間の愛ってほんと素晴らしいですよね。誰が見ても、もちろん家族で観ても楽しめる映画だろうけど、僕が(勝手に言いますが)観てほしいのは孤独な大人の人。もしくは何かしら胸に穴が開いて寂しさや悲しみを抱えている人。そんな方々に観て欲しいですね。

一途に信じることってすごく難しいことだけど、子供の力を借りれば大人にもできることだと僕は思う。

無限の可能性を秘める子供たちはとても偉大だ。

Comment

  • 2006/04/26 (Wed) 22:20
    evorou #- - URL

    リビングが劇場に変わるあの場面、、泣けたね

    昨日かわいい猫にかまれた、、泣けたね

  • 2006/04/28 (Fri) 07:45
    内村 #- - URL

    最後はずっと、、泣けたね

    猫にかまれたのださ・・
    近寄っていったんだし。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する