スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイドアンドシーク

はぁ。。。
映画「ハイアンドシーク/暗闇のかくれんぼ」を観ました・・・。なんの前情報もなく観ました・・・。


監督:ジョン・ポルソン
出演:ロバート・デ・ニーロ ダコタ・ファニング ファムケ・ヤンセン エリザベス・シュー エイミー・アーヴィング ディラン・ベイカー

あらすじ
悲劇は突然、
デビッドとエミリーの親子に訪れた。

彼らの愛する妻であり母だったアリソンが、自ら命を絶ったのだ。浴室で手首を切り、血塗れになった母の姿――それはまだ9歳のエミリーが受け止めるには、あまりに大きな衝撃だった。すっかり心を閉ざしてしまうエミリー。心理学者であるデビッドは幼い娘の心の傷を癒そうと、エミリーと飼い猫のセバスチャンと共に、ニューヨーク郊外の湖のほとりある静かな町に移り住む。家中がアンティークのような古く大きな一軒家は、理想の住まいに思われた。しかし、エミリーは周囲と打ち解けようとせず、いつしか地下室で“見えない友達”と遊ぶようになっていく。「チャーリー、どこにいるの? 出ておいで……」――暗闇に響くエミリーの声。心に傷を抱える子供が、想像上の友達と遊ぶのはよくあること。だがチャーリーと名付けられた、エミリーの“見えない友達”は、ただの遊び友達ではなかった。深夜、浴室での物音に気づいたデビッドは、そこにクレヨンで殴り書きされた「彼女を殺したのはお前だ」の文字を見つける。振り向けば、泣きじゃくるエミリーの姿が。「書いたのは私じゃないわ、私じゃない……チャーリーなの」
(公式サイトより抜粋)

はぁ・・・。あらすじも読まずにレンタルしてきたんですが・・・
怖いよ!!
ありえへんし。こわー。あーこわ。
ストーリーが展開するにつれ全貌が見えてくるのだけど、全てがわかったその時が一番怖い・・・。

チャーリー・・・・チャーリー・・・

あーこわ。これ以上感想かくと観る人の為にならないので、やめておきます。でも、見る価値あり。
ジャンルとしてはサスペンスなのかな

ロバート・デ・ニーロが主役ですしねー。そりゃ面白いわ。
でもこんなに怖いなんてきーてないよ!!

(いや、普通の人はどうだろう・・)
Theme: 映画感想 - Genre: 映画

Comment

  • 2006/04/27 (Thu) 18:11
    sato@お世話係 #- - URL

    うわ~。怖いんだ。やっぱり怖いんだ。。。
    デニーロ&ダコタちゃんとあってそれだけでも見てみたかったんですが
    うちの相方さんは大のホラー嫌い^^;
    一人で観る勇気はなくてペンディングにしていましたが
    ・・・・。怖いのか、やっぱり。でも観てみたい(笑)<どっちだよ!

  • 2006/04/28 (Fri) 07:49
    内村 #- - URL

    ううん。。。怖い・・というかビックリかも。
    普通の人は怖くないのかも・・・。
    シックスセンスのような雰囲気かな。

  • 2006/04/30 (Sun) 16:31
    コクワ #- - URL

    今日見ました~やっぱりデニーロ・・って感じでしたね^^;普通に演じて終わり、な訳ないですよね~デニーロの顔真似する芸人さんを彷彿とさせる表情が大事な場面で見られて、ちょっと緊張が解けちゃいました^^;
    お隣のおじさんが「あそこまでするなんて・・」って奥さんに言われてたのは、何だったんでしょうね??

  • 2006/05/01 (Mon) 00:05
    内村 #- - URL

    ども。
    確かに隣のおじさんが謎。
    娘を亡くして頭がおかしくなってたのかな。。。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。