スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

県庁の星

桂望実著「県庁の星」読みました。


はい、映画じゃなくて、原作のほうです。映画は観ておりません。

さてさて、感想なんですが・・・。
エボ郎くんが映画を見てスーパーに感動した。スーパーはいいと、とても(顔は見てないけど)嬉しそうに話すのを聞いていたので、きっと原作は映画に盛り込まれていないエピソードとかあって面白いのだろうな、と僕はすごく期待して原作を読んだわけです。

僕はここでいろんな本や映画を取り上げて、良い点をお伝えし、おススメしていますが、(エボ残念!)この本はあまり推薦できません。すんまそん。
多分映画の方が面白いです。
というのもですね、原作はシーンごとにどんどん展開していくわけですが、正直なところ、「え?だれ?」と思うところが多々ありました。「だれがしゃべってんの?」とか思ったり。 僕の言っていることは本を読めばわかります。
 つまりは、この作品はテンポがあってさくさくと話が進んでいくので映画用には非常によいかと思いますが、“読書”という点から見ると大変物足りないわけです。
でも、普段はマンガしか読まないって人は楽しんで読めるかと思います。話も単純で、頭の中でとても映像化しやすいです。

あ、マンガばかり読んでいる人の頭が単純と言っているわけじゃないですからね。あしからず。
僕もマンガ好きですし。
Theme: 読書 - Genre: 小説・文学

Comment

  • 2006/05/03 (Wed) 06:46
    あさしお #- - URL
    県庁の星見ました^^

    とても面白かったです。
    いろいろと考えさせられた映画でした。観た後とてもすがすがしい気持ちになりましたよ。

  • 2006/05/04 (Thu) 00:07
    内村 #- - URL

    ほう・・・やはり映画のほうが面白そうだ。原作は読み終わっても(間違っても)すがすがしい気持ちにはなりません。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。