スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑の大学

役所広司と稲垣吾郎という豪華二人組が主演する映画「笑の大学」を観ました。


あらすじ
昭和15年。日本に戦争の影が近づき、大衆娯楽の演劇にも検閲のメスが入っていた。劇作家の椿一は、新しい台本の検閲のため、警視庁の取調室に出向く。そこに待っていたのは、これまで心から笑ったことのない検閲官、向坂だった。椿の新作を上演禁止にするため、向坂はありとあらゆる注文をつけるが、椿は苦しみながらも、向坂の要求を逆手に取ってさらに笑える台本を作り上げていく。こうして、2人の台本直しは、いつの間にか傑作の喜劇を生み出していくのだが…。

ハイ流石です。三谷幸喜さんは期待を裏切りませんねー。そして圧巻したシーンを作るのはなんといっても役所広司さん!!
“笑の大学”なんてタイトルだから、どんだけコメディに自信持ってんだと思ったら、映画の中に登場する劇団の名前だったんですね。ぼくの下調べ不足でした。といっても、毎回そんなことはしませんけど。
 もともと、この作品は舞台劇として演じられていたそうで、そうなれば当然、どう映画として作り上げるかが焦点となってくるわけなんですけども・・。そのへんのところも素晴らしく描いていましたね。特に映画ならではのカット割りや、役者の細かい表情、またその背景となる時代の雰囲気なんかはすごくよくできていたと思います。映画のシーンのほとんどが一つの室内で描かれるなか、少しも飽きの来ないのが何よりも面白いと言う証拠です。ずっと同じ場所で繰り広げられる最近の映画としてふと頭に浮かんだのはコリン・ファレル主演の「フォーン・ブース」あれもその場での展開で場を盛り上げていくと言う点については最高でした。
 さて、コメディということで、役所広司と稲垣吾郎のまるでコントのような話が展開されるのですが、その二人のやりとりには思わずニヤリとしてしまうのは必至。怒っているのに笑いながら怒鳴り散らす役所さんには完敗です。実際に自分でやってみるとわかると思いますが、怒りながら笑うのはすごく難しいのです。(つまり俺も挑戦してみたわけだ・・・)

 だが、ただのコメディ映画として終わらないのが三谷作品。映画の終盤では、その時代背景となる昭和15年の日本に大きな疑問を投げかけています。たとえ喜劇という娯楽であれど、楽しい・面白いだけじゃ許されない、そんな戦争への序章を僕は垣間見ました。うまく表現できませんが、やはり戦争と言うものが背景にあると、いろいろと考えさせられるものがありますね。

と、なんだかんだ言いながらも、笑の大学です。
すごく面白いですよ。
主演のお二人には脱帽です。 その一人は国民的アイドルのスマップですからね・・・。アイドルがコントをもやる時代って、すごいよな・・・。
Theme: 日本映画 - Genre: 映画

Comment

  • 2006/05/07 (Sun) 21:26
    pipo #- - URL

    あ、これ観たいんだよな。
    忘れてた。

  • 2006/05/08 (Mon) 00:33
    しーふーど #/02qLiNA - URL

    あ、これ観たいんだよな。
    忘れてた。オレも。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。