スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みてるときは怖いんだよ~

むかーしむかしにフィードバックする


俺がプールに入っていると、おかしなことを言ってくるやつがいる。

「アンが毎日服を変えてくるの」

「ハワイの作った料理がおいしいわ」

そんなことを立て続けに言われ、おれは怖くなった。
プールから出ようとすると、手をたたかれた。

「どこいくの!」

・・・こわいし。。

プールからでて、更衣室へ着替えに行くと、友人Kが待っていた。
俺が事の成り行きを話すと、早く帰ろう、という。当然だ

ところが、更衣室の出口で、またさっきのやつに捕まってしまった。
「ねえねえ この前ふたりっきりでとった写真どこ?」

「ふたりっきり」

何を言っているのかわからない。すごく怖い。
無視して出た。

急いで靴をはき、その場所から離れようとする。
ところが、切羽詰っているというのに、友人が靴をはくのにもたついている。

いらいら はやくはやく!!

間に合わなかった。 さっきのおかしな人が今度はKにおかしなことをつぶやいている。しかも、どこかへひっぱって連れ去ろうとしている。

しかし俺が間にはいり、逃げ出すことに成功。 やれやれ。


その後の帰り道は徒歩。
楽しく会話しながら歩いていると、そばに車が2台止まった。
そのうちの一台から、おばさんがひとり出てきた。
中肉中背のおばさんで、こちらに笑顔で近づいてくる。

近づいてきたと思ったら、友人Kの腕をつかみ、どこかへ引きずっていこうとする。
Kは抵抗するが、おばさんは笑顔で無言でKを引きずり続ける。

俺はKのもう一方の腕をとって、自分のほうによせようとした、

すると、さっきまで笑顔だったおばさんの顔が無表情になり、ポケットから銃をとりだして、俺の腕を撃った。

次に友人Kの首も撃った。おれは失神してしまい、その間にKは連れ去られてしまったらしい。

気がつくと病院の上だった。
テレビではあのおばさんがニュースの話題となっている。
どうやらKを監禁していたらしい。
映画「キャリー」さながらのこの展開。
こわいしこわいしこわいしこわい。

数日後、知ってかしらずか、pipopanに映画をすすめられた。
タイトルは「デッドゾーン」。
観てみると、「キャリー」の男バージョンではないか。
おれはあの事件を思い出し、恐怖で震える。ビデオはすぐに消したが、その後何日かは家に閉じこもり、震えながらすごすことになってしまった。


という夢を今日は見ました。

Comment

  • 2005/06/03 (Fri) 17:22
    すい #- - URL

    はい。

  • 2005/06/03 (Fri) 17:51
    こだま #- - URL

    あんたこわい。

  • 2005/06/05 (Sun) 21:55
    naococo #- - URL

    これも夢なんだろう と思いながらも息をのんで読んでしまう・・・・・よ!!

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。