スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッド・ドラゴン

羊たちの沈黙・ハンニバルに続いて作られた映画「レッド・ドラゴン」を観ました。3作目ですが、話の内容は羊たちの沈黙以前のこととなっています。
rekuta-.jpg

ストーリー(公式サイトより抜粋)
風光明媚な土地フロリダ州マラソンに自宅を構えるウィル・グレアム(エドワード・ノートン)のもとに、かつての上司ジャック・クロフォード(ハーヴェイ・カイテル)が訪れた。プロファイルに優れ、FBIのトップ捜査官だったグレアムに、クロフォードは最近起きた連続殺人事件の協力を求める。何のつながりもないバーミングハムとアトランタの家族が同じ残忍なやり口で全員殺害された。そこには常識を超えた犯人がいると踏んで、彼の参加が不可欠だと力説する。
グレアムは"人食いハンニバル"と呼ばれた殺人鬼、ハンニバル・レクター博士(アンソニー・ホプキンス)の心を読み、命懸けで逮捕したものの、精魂尽き果ててFBIを辞めた過去があった。
クロフォードの懇願に負けて現場を再検証することを承諾した彼は、妻のモリー(メアリー=ルイーズ・パーカー)と息子ジョシュ(タイラー・パトリック・ジョーンズ)の心配をよそに、凄惨な大量殺人事件の現場であるアトランタへ飛ぶ。深夜、懐中電灯を片手に捜査を始めた彼は、血の跡が生々しく残った現場、割られていた鏡から殺害方法に頭をめぐらす……。
翌日、大勢のFBI捜査官を前にしてグレアムは解析した犯人像を語る。狙いは両家の夫人で、なぜ選ばれたかは不明ながら何らかの共通点があること。そして突発的な犯行ではなく入念に準備されたものであることもつけ加えた。
仕事を終えて帰ろうとするグレアムに犯人を"咬み付き魔"と名づけたタトラー紙の記者フレディ・ラウンズ(フィリップ・シーモア・ホフマン)が、今回の事件についてうるさく近づいてくる。クロフォードもまたこれでグレアムを解放する気はなかった。犯罪心理学に長け、自らも殺人鬼である病院に幽閉されたレクター博士に意見を求めるように説得する。レクターにはグレアムが唯一、五分に渡り合える存在。グレアムにとっては精神をボロボロにされた相手だったが、真相を知りたい気持ちが勝る。
ボルティモア州立病院精神科。厳重な監視の目が光る病室へと向かうグレアム。レクターは彼との再会を不適な笑みで迎える。そして会いに来たグレアムの心を見透かすような態度をとりながらも、資料から導かれた犯人像と犠牲者選択のヒントを口にする。
グレアムはアトランタの被害者宅を再訪、一家のホームビデオを食い入るように見直した後、バーミングハムの被害者宅を訪れ、庭の大木に"中"という文字が彫られているのを発見する。鑑識の結果、文字は麻雀牌の"赤き竜(レッド・ドラゴン)"を示すものだった。この結果を持って、グレアムはレクターと面会するが、返ってきたのは謎めいた"赤い胸の駒鳥…"という言葉だった。グレアムは本屋で尋ね、ウイリアム・ブレイクの画集に行き当たる。
一方、ホームビデオの製作やダビングを業とするクロマラックス社に務める、技術サービス部の通称"D"ことフランシス・ダラハイド(レイフ・ファインズ)は、顔の傷がもとで孤独な日々を送っていた。
だが、赤外線フィルムを受け取りに赤外線室を訪れたとき、担当で盲目のリーバ・マクレーン(エミリー・ワトソン)と出会い、彼女に惹かれていく。それは愛を知らないDには思いもかけない混乱をもたらすものだった……。
ワシントンに戻ったグレアムは、レクターがタトラー紙の個人通信欄を使って"咬み付き魔"と文通をしていたことを知る。そして、レクターが犯人に送ったメッセージとは、"グレアムの家族を殺せ"との指示だったのだ……。自宅へと急ぐグレアム。ここに、グレアム、レクター、殺人鬼による三つ巴の戦いの幕が切って落とされた……。


ストーリーながっ!
そんなわけで、レッド・ドラゴンは3作目ですが、第一章なのです。作品の終わり方は一応「羊たちの沈黙」につながるようにしてますが、アンソニー・ホプキンスが一作目よりも明らかにハゲている部分が広がっているので、ちょっと無理があるだろ・・なんて思ってしまいます。
 しかしですよ、アンソニーの頭こそ気になりますが、話としてはそこそこ面白いです。けど、、、どうしてレクター博士が人肉を食らうようになったのか、一体いつからなのか、そのへんは描かれていません。精神科医という職業柄で頭かおかしくなってしまったのだろうか。最初の殺人はいつだったのだろう。そう思えば、3作品ともレクター博士の殺人シーンは一度もでてきてませんね。謎だらけの人物です。
 最終章となった「ハンニバル」では(僕の記憶が正しければ)結局どこかへおさらばしてしまってたし。。原作ではあの女の人(名前忘れた)と恋におちて結ばれるんじゃなかったかしら・・・

ちょっとトマス・ハリスの本を読破しないとレクターについてはわかりませんな。原作ではレクターの指が6本あったらしいけど。。。
あー、あとエドワード・ノートンがいいね!!ファイトクラブは気に入らんけど・・。
Theme: 今日観た映画 - Genre: 映画

Comment

  • 2006/05/22 (Mon) 12:54
    桜 #- - URL

    こんちわ~^^
    レッドドラゴン、見たいな~と思ってます^^v

  • 2006/05/23 (Tue) 08:46
    ジャンキー #./qA1Ad6 - URL
    はじめまして(^ω^)

    レクター博士が何故、食人鬼になってしまったか、という、更に過去に遡る映画今年作られますよ(^ω^)
    「ヤングハンニバル」だそうで(^ω^)

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。