インファナル・デイズ

はははははは。
トニー・レオン、アンディ・ラウ主演の映画「インファナル・デイズ~逆転人生~」を観ました。大ヒットしたインファナル・アフェアのシリーズものではありません。だまされることなかれ。
インファナル・デイズ~逆転人生~


あらすじ
香港の大手保険会社で働くキット(トニー・レオン)は、将来を嘱望されているトップセールスマン。ある日うっかり事故に遭い、病院にかつぎこまれる。ケガはたいしたことなかったが、検査により、脳に異常が発見されいつ死んでもおかしくないと医者に宣告されてしまう。絶望したキットは残り少ない人生を今までと違う生き方をしようと決意するのであった。そんなときかつて同級生だったチンピラ、ホン(アンディ・ラウ)とばったり再会。ひょんなことから同居を始めた二人は1週間の約束でお互いの仕事と立場を交換することになり、ホンはキットの会社で働くことになるが・・・。一流企業のエリート社員とカツ上げ専門のケチなチンピラの人生が大逆転!ふたりが選んだ究極の選択の結末とは―?

乗っければいいってもんじゃないんだけど、DVDのパッケージに使われているのが最近大ヒットしたインファナル・アフェアのトニーとアンディの現在の写真。知らずとレンタルすれば、映像の古さと二人の若さに、さぞやびっくりすることでしょう。完全に後載せDVDだし。今にしてみれば、こんな半コメディ映画にこの二人を使うなんて超豪華なキャスティングだが、当時はさほどでもない。そう考えると、非常にもったいない使われ方だ。しかもトニーもアンディもなかなかのアクションをそこかしこで使う。特に若さを感じたのがアンディ・ラウ。オフィスの中をとにかく飛ぶし。壁を蹴って、まるで忍者ハットリ君のように走るし。シュタタタター!
いろんな意味で面白いですけどね、この映画。レンタル料が安いときにでも借りてみてください。つまらなくて眠ってしまうということはまずありませんから。それより、ちっちゃな笑いがたくさんちりばめられてますから、そこを楽しむのも良いかと思います。
僕が気に入ったシーンをひとつだけ紹介。
ひょんなことから暴動に巻き込まれ、ヤクザの娘に助けられるトニー。女の交通手段はバイク。そこでトニーが一言。「女の後ろに乗るのはかっこ悪いよ」そして次のカット・・・トニーが女の前に座り、バイクを運転するのは女。。。。あれは笑えるし。まるで“子供を前の椅子に乗せて自転車を運転する主婦とその子供”だし。

楽しいので、ヒマな時にみておくんなまし!
(ていうか、別に逆転してないし・・・・)
Theme: 映画感想 - Genre: 映画

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する