スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫌われ松子の一生 The Movie

映画版嫌われ松子の一生を観た。
約一年前、僕はこの映画の原作である小説を読んだ。その時の感想もブログに書いている。それがコチラ↓
嫌われ松子の一生

映画公開から、一年を経て僕はこの映画をみたわけですが、忘れていた何かをこの映画からふと思い出したようなそんな感覚を覚えた。
 僕は前回の記事でもこの小説に対して絶賛しているが、映画のほうは映画で、とても良かった。(僕の覚えている限りでは)ストーリーは多少原作とは違うのですが、それは何とも思わない。これは小説を映画化した場合の感想としては非常に珍しいんじゃないか。小説を読んでから映画のほうも絶賛する。なかなかないぜ。
主演の中谷美紀の女優魂にも圧倒させられる。当時の中谷美紀の言葉に
「私は松子を演じるために、女優という仕事を続けてきたのかもしれません。」
というのがある。映画を観て、意味がよくわかったよ。お疲れ様。ほんとに。

映画を観終わった後に、ネットでいろんな批評・感想を読んだが、ほとんどの方がかなり批判的でした。意味がわからん、つまらん等々。だが、僕からしてみれば何言っちゃってんの?!という感じです。
確かに普通のバラエティ番組のような気楽に見れる映画を求めているのであれば、その対象となり得るだろう。だが、これはあくまで映画なのだ。中谷美紀が女優魂を、身を削って作った映画。
 この映画の良さがわからないなんて、かわいそう。すごくいい映画だよ。“この映画には感情移入できない”なんて感想もよく目にしたけど、僕はそうじゃなかった。僕は彼女(松子)の幸せを願わずにはいられなかった。本当にすばらしい、すばらしい映画でした。ちょっと変わった描き方がされている映画だけど、取っ付き難いほどではない。誰でも楽しめる映画だよ。昭和・平成という時代を背景に、伏線をはっているという点だけでも楽しめます。
 僕はお勧めです。この映画。映画館で観ていたらきっと、もっと生き生きと感じることが出来ただろうに。
Theme: 邦画 - Genre: 映画

Comment

  • 2007/06/06 (Wed) 09:28
    桜 #- - URL

    おはよ~(^О^)/
    この前、レンタル屋さんで見て借りようかな~と思い借りなかったんですが、今度返却した時に借ります!
    ↓マンゴーね・・・私はあまり好みではありませんが、美味しくなくもないですよ^^;

  • 2007/06/06 (Wed) 15:46
    naococo #- - URL

    これ録画した!
    観なきゃ。

    その前にあれも観なきゃ。 あれも読まなきゃ。
    あれもやらないとな~~

  • 2007/06/07 (Thu) 21:21
    内村 #- - URL

    >桜さま
     お久しぶりです。ぜひ観てください。でもこの作品、ほんとに好き嫌いが極端に分かれると思うのでご注意ください。おれはすすめるけど。

    >なおっち

     ださ。最近なにやってんの?ブログ書いてないし。

  • 2007/06/14 (Thu) 18:56
    naococo #- - URL

    ブログ書いてるよ!みてみてコメントしてv-49

    映画観ました。私は良かったと思う。
    いろんな挿入歌がいい曲いっぱい。
    武田真治はあいかわらずカッコイイと思った。

  • 2007/06/14 (Thu) 21:24
    内村 #- - URL

    おうけー

    音楽はほんと多かったな。
    本も読むといいぜ。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。