スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リングリングミュージアム~Ringling Museum~

リングリングミュージアムに行ってきたどー!!
日本人には全く知られてないと思う。検索しても、全然でこてないし。なので、リンクは公式のとこ貼っておきました。

ここは1930年(ぐらいかな?)に、世界中をあっと驚きの渦に巻き込んだサーカス団の博物館。とにかくすごい。スケールの大きさにびっくらこいた。“大きけりゃいいってもんじゃない”なんて言うけども、リングリングさんのとこは大きいだけのことはある。びっくりするし。腰ぬかすぞ。恐ろしいわ。
とりあえず、入り口付近にはこんなんがあったりして・・。
PC240121.jpg

これがリングリングブラザーズです。
PC240122.jpg


サーカス博物館の外観がこれ。これを含むアップする写真のすべてが彼らの持ち物でした。土地も。やはりトラムで移動しないと、園内は広すぎて一日は軽くかかります。
PC240123.jpg


当時の様子はこんな感じだったらしい。ただし、これはほんのちょーーーーーーっと。一部の一部の一部の一部ぐらいです。
PC240144.jpg

PC240143.jpg


衣装も何点かありーの。
PC240156.jpg


庭にはこんな大きな木が何本も!しかもこれ、一本なんだぞ。枝が枝を呼び、幹となって樹となっている。もうわけわからんことなっとるし。リスもおりすぎ。この木なんの木気になる木~♪
PC240161.jpg

PC240175.jpg


下は、リングリングさんが冬だけに使用した家。別荘みたいな。もちろんここも敷地内。冬だけ!どんだけでっかいんだよ。ありえんし。

PC240173.jpg

家の中はやばいこと(?)になってる。
PC240184.jpg

PC240187.jpg


外観もこんなだし!天気いいし!!ってか、12月の真っ只中、日本の皆さんが寒い中仕事してる間に、俺は半そで半ズボンでぶらりぶらり。すんません。
PC240200.jpg

PC240201.jpg


家の裏は目の前にワイドに広がるオーシャン!すっごーーいし!
PC240212.jpg


入り口からここへたどり着くまでにものすごい疲れる。
PC240229.jpg


廊下と中庭。その言葉の表現を優に超えてます。
PC240235.jpg

PC240238.jpg


あー今日もたっぷり疲れた。最近無口になってきたし。

人生一度きり。大変遠い異国の地だけれども、もう一度ここへ来てもいいなと、心底思った日でした。

乱文にて失礼しまっ!

Comment

  • 2015/04/17 (Fri) 10:51
    こきこき #FExUOqX6 - URL
    明日にでも参ります

    マナティを見て、明日はタラソタのリングリングミュージアムにいこっ!

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。