スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Closed Note

 久しぶりに本の感想を書こうと思う。
僕のブログは活気が無くなってきた。
今回書くのは映画も製作されて、ちょっと話題にのぼった「クローズド・ノート」について。

クローズド・ノート クローズド・ノート
雫井 脩介 (2006/01/31)
角川書店
この商品の詳細を見る

 
映画は観ていないし、評判も特に聞いたことが無いのでいい出来なのか、そうでないのかは知らないが、原作であるこの本は読んで損はしない。

単純に、 

自分に合ったカッコいい万年筆が欲しくなった。
ちょっと単純すぎた感もある。しかし、いいよーこの作品は。映画にもなったから、皆はあらすじを知っているかもしれない。 が、 僕なりのあらすじを紹介。

あらすじ
 マンドリンサークルに所属する大学生の香恵(かえ)。彼女のマンションには、引っ越してきた当時から、押入れの隅に置き去りにされたノートがあった。前の住人が忘れていったものであろうそのノートを、香恵は他人のノートだということもあって、中身は見ずに、いずれ本人が忘れたことを思い出して取りに来るだろうと思って放っておいた。
 そのノートの存在をすっかり忘れていた香恵ではあったが、とあることをきっかけにそのノートを読んでみようと決心。中身を見てみると、それは伊吹という名前の人が書いた日記であった。その日記に綴られていたのは、小学校の教師である伊吹の学校での子供たちとの日々。同封されてあった生徒からのメッセージカードや、日々綴られていた日記から、伊吹の人となりの良さを好きになった香恵は、どんどんとそのノートに引き込まれ、いつしか自分の置かれている境遇と伊吹の日記とを重ね合わせて読むようになった。伊吹の日記に書かれた一語一句を丁寧に読み、それに共感したり応援したり。そして、それは恋の面でも香恵の助けとなった。打ち明けられぬ想いを日記に綴った伊吹と、バイト先の客を好きになってしまい悩む香恵、二人が織り成す二つの物語。


こんな感じで。
普段小説はあまり読まない僕ですから、なかなか感想というものは書きづらかったりもするのですが、非常によかった。

物語中に使われている語句や、メッセージはとても“いい言葉”が多く、僕の胸に残りました。
しかーも、あろうことか、僕はこの小説を読みながら泣いてしまいました。そう、これは泣けるんだよ!!!泣きたい人は読めばいいし。

 本を読めばわかるけど、この「クローズド・ノート」を書くきっかけとなったことが参考文献のところに書いてある。まだ読んでない人のためにそれは書かないが、そこをにも目を向けてもらうと、いっそう胸に響いて来るものがあうだろう。

Comment

  • 2008/02/07 (Thu) 23:02
    naococo #- - URL

    ふうん  読んでみようかな。

  • 2008/02/10 (Sun) 10:47
    うっちゃん #- - URL
    戻ってこいよ

    読むべし。

    なおっちはきっと好きになんじゃないかな。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。