スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山でたわむれる。

 山中にあるアスレチックコースで一汗かいてきた。一周するのに約一時間。運動不足のわが身には、とても辛くて長かったりしたのだが、良い天気に恵まれて気持ちよかったりもした。 アップダウンの激しいそのアスレチックコースは非常に危険度が高く、大人である僕らでも恐怖を覚えた。・・が、よくよく考えると子供のほうが怖くないのかも知れない。まず身長がないし。5歳児も比較的上手に適応してました。全身使えるしね。歩き始めたばかりのような子供を連れてきている親がいたが、それは間違いだろうと思う。危険極まりないし。ちなみに僕が行ったコースは小学3年生以下は保護者同伴でないと入れない。かつ、サルに注意!と書いてある。(幸いなことに遭遇しなかったが。)

 そういや、去年の今ぐらいの時期にも行った気がする。僕は毎年考えることが同じなのだろうか・・・。

学習能力のない僕は、自らを悪い方向へといざなう癖があるようだ。花粉症だっつってんのに。目の前に思いっきりスギがたってるし。ちょっと指で触れれば、そこはたちまち花粉の立ち込める危険地帯となってしまう。バカじゃん。
 
 おかげで、これを書いている今現在、鼻水がとめどなく流れ出してくるので、両方の鼻にティッシュをつめている。しかも、すぐ取り替えなきゃいけないし・・。いらっ。ほんとに締りの悪い水道の蛇口みたいになってるよ!!(そう言いながらティッシュを詰め替える・・。)
 
 で、帰り道に動物と触れ合うことの出来るちょっとした牧場に寄った。ほのぼのしてるだろ。
20080309.jpg

コイツはとてつもなく、食い意地の張ったヤギだった。この後ろにとっても小さな子ヤギがいたのだが、僕らが考えることは「おいしそうなラム肉・・・」と、食べることばかり。子供の前で言わないだけマシだったけど。あーやだやだ。一体いつから純粋な子供の心を失ってしまったのかね・・。ヤギを見て食べることを考えるなんて・・。僕はそんなに野蛮な人間じゃない・・・ハズだ。
 
 近くにあった茶畑。昔のことだが、何を血迷ったか製茶工場で働こうと真剣に考えたことがある・・。特に思い入れがあるわけでも、お茶が好きなわけでもないのに。。なんでじゃろ。じゃろってなんじゃろ。若さゆえ・・・だったのかな。
20080309-1.jpg


放牧されてなかった牛たち。 狭いところに入れられて可愛そう。ストレス溜まらないのかね。僕なら気が狂うかもしれん。
20080309-2.jpg


かなりの田舎でした。
20080309-3.jpg

写真全体がキモチ黄色っぽいのは、黄砂なのか、花粉なのか・・・はたまた僕の撮影ミスか・・。

 そんなワケで、一日中外で過ごした僕。くしゃみも鼻水も止まることなど全くせずに、かつ喉と鼻と目がかゆい!ちょっと暖かくなったからってすぐ調子にのるとこんな結果になる。後悔先に立たず。

明日こそ病院へ行こう。。。。そう誓いました。

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。