スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UFOとポストモダン

ふと目に止まった本を読み終えた。木原善彦著の「UFOとポストモダン」

はぁ・・・・。しょーもない。久しぶりに読んだ駄作中の駄作。
UFOとポストモダン (平凡社新書)UFOとポストモダン (平凡社新書)
(2006/02/11)
木原 善彦

商品詳細を見る

時間を返して欲しい。読み始めてしまったので一応最後まで読んだが、どこまで読んでも読み終えてもつまらん文句の繰り返し。僕は、幾度となく自分が読み終えた本について”書評”とはいかないまでも、”感想”というものを書いてきたが、たいてい人様にオススメできるものだった。ここまで酷いのは無いな・・・・・。
 
 みのもんたじゃないけども、ハッキリ言ってコレはただのミーハーじゃないか。映画とテレビとアメリカの。しょーーーーもないっ。確かに映画やテレビは時代やその当時の背景を反映して作られたものが多いのだろう。しかしそれを全てUFOと結びつけるのは無理がある。小難しい言葉でまとめてあるだけ。否、まとめられてさえいないと思う。何がポストモダンだよ。紙の無駄。エコに関心持つべきだよ。そうすりゃこんなくだらない本に地球が傷つけられなくてすむことがわかるだろうに。

だが、「あーなりほどなぁ」と思った箇所も無いでもない。それは宇宙時代について。<以下抜粋>
 アポロ月面着陸が私達の想像力に刺激を与えなかった理由のひとつは、SFが先に月面に着陸してしまっていたことだ。SFは私達の生活の多くを先取りし、現実から楽しみと驚きをすっかり奪い去っている。
 
しかしこの記述、著者の木原さんの言葉ではない。イギリスのポストモダンSF作家J・Gバラードの「千年王国ユーザーズガイド」からの抜粋だ。しかもこの記述のあと、「つまり、どーのこーの・・・」とありがた迷惑な親切にもJ・Gバラードの言葉の解説までしてござる。

目を覚まませ!!

そう頭を小突きたくなるような一冊でした。

いらっ!!!!

Comment

  • 2008/03/25 (Tue) 06:27
    tsumugi #- - URL

    へぇi-6それだけ酷評ってのも珍しいねv-37
    それよりも・・・読まなければいけない本がほかにもあるだろう・・・?p〇〇とか・・・mysq〇とかさ i-278

  • 2008/03/26 (Wed) 22:53
    こだま #- - URL

    大事なところでかんじゃった うっちゃん。

  • 2008/03/27 (Thu) 21:19
    naococo #- - URL

    まませっ    

  • 2008/03/28 (Fri) 00:00
    ウチムラ #- - URL
    ちっ

    こ、こ、こ、こっちではそそ、そそういう言い方するんです・・・

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。