スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋空

映画公開後、予想だにしなかった空前の大ヒットをえた映画「恋空」をみました。
恋 空 スタンダード・エディション
売れたといっても、専ら若者たちの間だそうだが。僕も若いから問題なかろう。実はこの作品を僕が知ったのも知人の高校生に薦められたから。ずっと見る、見るといいつつ今になってしまったが、今日は一歩も外へ出なかったので、DVD三昧というオタッキーな一日を過ごすうちの一本として観た。

「恋空」。原作は意外なところから。まず始まりは携帯のWebサイトから。いま流行のケータイ小説で、人気を経たあと、2006年10月7日に書籍化され、発行部数は上下を合わせて140万部を突破。しかも作者は全くの素人。すごいじゃん。

・・・。すごいじゃんと言ったものの、ちょっと調べてみると書籍はものすごく酷評されてたことが判明。僕は本の方は読んでないので何ともいえないが、あり得ないことが描かれようと、それが受けたのは中高生の間でのこと。なるほどなぁと一人感心しつつも、映画のほうはそうは問屋が卸しませんから。

書籍がどういったものであろうと、僕が見たのは映画。その肝心の映画に関して言えば、僕はすごくヨカッタと思っている。

泣きました。

この二人がね~、実にピュアなんだよ。で、またその描き方がうまい!あー高校生になりたい。そう思ったし。感化されすぎかも知れないが、一日中家にいるとそうなるのかも。。

いま人気沸騰中の新垣結衣三浦春馬が主役。ガッキー、ガッキーとよく聞いたけど、この人がその噂の人か!と映画を観終わってからHPを見て知った。「にいがき」じゃなくて「あらがき」なんですね。俺なんも知らんし。。。。。「にいがきゆい」だと思ってたのはここだけの話。男優のほうも僕には全くの新顔。しかしものすごくいい演技してた。調べてみたら、彼もかなり人気かつ有名な俳優さんなんじゃん。若干18歳ですが。

話は戻るけど、この映画いいよ~。中高生に戻った気持ちで見てごらんなされ。キュンだし。胸キュン。それが待ってるぞ。こりゃ売れるハズだすよ。思うに、多分映画のほうがずっとかいい出来なんだろう。そう思い込み、書籍は読まないことにする。

なにも考えないで、なんとなく映画が見たいなあ、やさしい気持ちになりたいなぁと思ったときはこの映画を見てください。

まちがいないよ。

Comment

  • 2008/05/19 (Mon) 00:48
    こだま #- - URL

    えっとー。
    うっちゃんは旧制高校だっけ?確か小学校は国民学校だよね?

  • 2008/05/20 (Tue) 00:20
    ウチムラ #- - URL

    そのコメントが謎だし ?(・_・;?

  • 2008/05/22 (Thu) 04:00
    ぼっち #mQop/nM. - URL

    恋空本読んでから映画見たし。
    本、最初はいらいらして何度読むの止めようかと思ったか分からんけど
    途中から目が放せなくなって読み勧めていくうちに涙したし。
    映画化決まったときは「絶対見るんだ!!」って嬉しくなったのを思い出す。
    本読んだらもっと深いエピソードいっぱいあって
    映画じゃちょっともの足りん感あったよ
    本読んでたら映画の告知ですら涙なしには観れなかったけど。

  • 2008/05/24 (Sat) 21:54
    ウチムラ #- - URL
    ふうん

    本読んだのか。
    本は本当に酷評で、ありえない表記ばかりだったそうな。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。