最後の力を振り絞った1行の遺書

 今日、読んでいて思わず涙してしまったニュースを以下に引用します。


 【成都(中国四川省)】「お母さんのことを忘れないで」。身をていして赤ちゃんを守り、冷たくなった母親の手にあった携帯電話には、最後の力を振り絞った1行の遺書が残されていた。20日の国営新華社通信が報じた。
 この母親は最大被災地の一つ、四川省綿陽市北川(ほくせん)県で、地震発生翌日の13日、四つんばいになった格好で遺体で発見された。遺体は倒壊した建物に圧迫されており、救援隊は立ち去りかけたが、何となく気になり、ふと遺体の下のすき間に手を差し入れたところ、温かいものに手がふれた。
 「赤ちゃんが生きている!」。救援隊員が叫び、救出作業が再開。生後3~4カ月とみられる無傷の男の赤ちゃんが毛布にくるまれて発見された。
 救援隊員が母親の体を調べると手に握られた携帯電話の画面に、1行のショートメールが残っていた。「赤ちゃん、もし生き伸びてくれているのなら、私があなたを愛していたことを絶対忘れないで…」。子を思う母親の愛の深さに、救援隊員も思わず涙を落としたという。


僕も涙落ちた。ツライなー・・・

Comment

  • 2008/05/24 (Sat) 14:33
    Rei #- - URL
    私も・・・

     ウルウルが止まらなかったよ~(・_;)ポロリ

     こういう母親もいれば、
     自分の子供が煩わしいと言って、捨てたり殺したりする母親もいる。
     同じ人間なのにねv-16

  • 2008/05/24 (Sat) 21:59
    ウチムラ #- - URL
    そうだよな。

    そういえば、赤ちゃんpostは17人の子供が預けられたんだったよな。

    母は強しといえども、命あっての母。この子にはいい環境の中で素直に育って、いつか母親の愛がわかるような大人になってほしいぜ。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する