タイ旅行記9月2日分(最終日/全5日間)宮殿と非常事態 後編

ようやくタイの旅日記も終わろうとしています。長々となりました。そして遅くなりました・・。やっぱりどんだけ忙しくてもその日に書かないとダメだな。。。

そんなワケで、前編の続きです。
しょーもないことですが、前編に突然登場したネコ。そのネコが現れたのがこの像の後ろから。これは何の像かよく分かりませんが、とにかく楽しそうに見える。思わず見ている俺も微笑んでしまうし。きっとそうさせることが本望として作られたのだろう。知らんけど。


thai116.jpg
右側にあるのは、どなた様もご存知のトイレ。しかし日本のトイレと違うところが一つ二つ。まず、観光地は別として、基本的にトイレットペーパーは付属していない。 タイの人々は紙を使わない。二つ目、写真中央に写るシャワーめいたものが必ずどのトイレにもついている。これはいわゆるシャワートイレ。ウォシュレットの タイバージョンとでも言おうか。つまり、タイの人々はトイレットペーパーを使わずにこのシャワーらしきものを用を足した後に使うらしい。 
 このトイレに関することだけは、なぜか僕は現地で尋ねなかったので、使い方の詳細や真相はよくわからんが、きっとそうであろう。あのシャワーノズル、僕は一度も触ろうとはしなかった・・。


なんど見ても”う○こと炎”にしか見えなくなってしまった建物とお墓。失礼なことばっか言ってるけど、現地で見ればそれはそれは美しいっちゃー美しいものなんだよ。もしかすっと、う○こもよくよく見れば芸術的な美が潜んでるかも知れない。かも・・。
thai117.jpg
thai119.jpg
まぁ、美しいっちゃー美しいし。 お墓によってなぜ大きさに差があるのか友人に聞いたけども、彼もわからないということでした。きっと身分的なものだと思うけど。この中にはお骨が入っているはず・・。

さて、場所が思いっきり変わって、トゥクトゥクの怪しげなおっさんに次に連れて行ってもらったのが、シルクの仕立て屋さん。仕立て屋て!!ぜんっぜん興味ないし。確かにシルクはよかったけれども、オーダーメイドのスーツをなんでわざわざタイで作らなあかんねん!と思い、一周(一蹴)して店をでました。ここ一週間に注文したお客さんの名簿見せられた(←いいの?)けど、彼らが言うとおり、日本人ばっかでした。日本人、めっちゃカモにされとるぜっ!しっかりせー。俺もちょっと考えたけど・・。もちろん写真はありません。しょーもなかったので。403僕達一行はトゥクトゥクで次の目的地へと向かいました。。。355

次もまたこれ観光客から金を取ろうと必死感すら感じられた場所だった。それは宝石の加工場と宝石店。もちろん、すごいのはすごいんだけどさー・・360 まぁ、面白かったからいいけど、一度いけば十分って感じのところだな。2度、3度といくような場所ではない。宝石が好きでない限り。

thai120.jpg
この鉛筆みたいなのの先についてるかすかに紫なのが、原石です。サファイア?なんだったっけな、そのへんのことはよく知らんので分からん。とりあえず、こいつを手作業で削っていくのだし。

thai121.jpg
火を使ってこんなイライラする作業も。見てるだけで、いらっとするしこれ。いまこの写真をみながらブログ書いてるだけでも、イライラしてくるし。ガッシャーン!てやりたくなります。

thai122.jpg
こんな感じでいろんな宝石が見られます。日本ではめったに見られないものもいっぱい。何だったか忘れたけど、”え?こんなに色の種類あるの? ○○といえば、何色!と思ってたし”と思ったのがありました。それが何だったのか、肝心なことは忘れた。でも、アジア自体に入ってくることそれだけで十分珍しく、南アフリカのごく限られた地域でしか取れないらしい。

thai123.jpg
僕には異常に石の好きな友人がいるんですが、そいつをここに連れてきたら発狂するんじゃないかと思うほどの種類と数、美しさがありました。その友人、石が好き過ぎていろんな石が家においてあるんだけど、この間その石を落っことしてPCを壊しちゃってたし。どんだけ~

thai124.jpg
ピンクサファイア。あ、サファイアだったかなぁ、、たくさん色があるのは。うーん・・・・ピンとこない。違ったかも。

thai125.jpg
特に石が好きなわけではないけど、やっぱりキレイなものはキレイだと思った。ほんのちょっぴり、石の好きな人の気持ちが分かる気がした。 気のせいだったと思うけど・・・。

thai126.jpg
thai127.jpg
154これが、155になる。
thai128.jpg
thai129.jpg
35これらが34こんなに美しくまるくなる。
thai130.jpg
ま、加工前と加工後のどちらが好きかなんて、人によって違うと思うけど、やっぱりキレイなものはキレイだな。カラスの気持ち、わからんでもないし。

thai131.jpg
通路の右側に座っている人々がこれらの加工作業を行っていて、来館者はそれを目の当たりにすることが出来る。館長らしき人の流暢な(怪しげな)説明とワンドリンクサービスつきで。

thai132.jpg
これは純度の見方だったっけな・・。顕微鏡みたいなのでみたときにこういった線を描いてたらどうのこうのとか・・・。僕には関係ないので一切聞いてなかった。写真とって、興味あるフリなんて無駄な小芝居してしまったけど。さすが俺って日本人。そんな気を使う必要なんて一切ないのに。僕の半分は優しさで出来てますから・・。
thai133.jpg
純度。

thai134.jpg
あ、外観の写真があったし。この中には宝石がいーーーーっぱい。
もちろん石ばっかじゃんくて、ちゃんとネックレスやブレスレッドにしたものやら、お高いものがたくさん売ってます。高かったけど、日本の普通の宝石店で買うよりはかなり安い。必要ないけど、買おうかどうか迷ったし。
買わなかったけど。
 待機してたトゥクトゥクに戻ると、運転手が待ってましたとばかりに、仕立て屋に行った時もこの宝石屋に行った時も、目を輝かせて何か買ってきたかを聞いてきた。何も買わなかったといったら明らかにガッカリしてたし。あーそこで金が発生するわけか。なんとなく気まずい空気流れた。ウソでも買ったと言っておけばよかったと、またどうでもいい気を使おうとしてた。何で旅先で俺がこんなに気を使わなきゃならんのかワケわからん。

thai135.jpg
ここはー・・・・・なんだったか忘れた。今!王様がおるとこだっけな・・・。もしくは、今市民と政府が大衝突してる場所だったかも。今日、CNNのニュースでバンコクの映像みたけど、すごいことになってた。ほんとに”衝突”してた。血だらけの人もいっぱい。こわか~。今はほんとに危険地帯だなぁ。でも、やっぱり夜だけ。昼間は暑いから。タイノヒト、ヒルマ ハタラカナイ。コレ ウソジャナイ。ちゅーわけで、昼間観光をするのは大丈夫。安心してください(?)。
thai136.jpg
今はもっと緊迫してると思うよ。下の2枚の写真はこの付近、僕が通り過ぎたときに撮ったものです。
thai137.jpg
thai138.jpg
昼間だからだらけてるよな~・・・・・

thai139.jpg thai140.jpg
そんな危険地帯を後にし、僕らは船乗り場に向かいました。やはり道中にはこういった王族の写真がところどころに立ってます。
thai141.jpg
途中で立ち寄ったサキイカの店。安かったなあ。マジで。僕はイカが好きなので、大量購入を真剣に考えました。でもちゃんと制御かけた。俺エライ。買ってたら今頃絶対後悔してるし。

thai142.jpg
船乗り場。ここで、僕はタイ人のババァとケンカしました。
ゲートの入り口を間違えたことに一瞬で気づき、ババァの前を通過してすぐそれに気づいたので、あっち乗るから金を返せと言ったところ、もう貯金箱みたいな箱に入れたから返せないと(多分)言われた。どう考えてもそこから取り出せるのに!その理由にいらっとした俺は英語で怒った。ババァは英語をわかるわけがなかったが、俺が言ってることはわかってたに違いない。”もう入ったからダメ”とか、ちょっとしたことだけど、そう言い返されたらまだ納得がいくものの、”もう箱に入れたから取り出せないほらこれ見て”なんてジェスチャーつきでお金の入った箱を見せられた俺は手ぇ伸ばせば取れるやろボケーとそりゃ切れたさ。たかだか30円程度のものなんだけど・・・。何度も言うが、問題は金ではないし。なめられたくないし。結局お金は返ってこず、挙句の果てに、俺は日本語でベラベラまくしたててやったし・・。いらっ。思い出しただけでも腹が立つ。
 でも、後になって一緒にいた友人が言った。

気をつけた方がいいよ。銃持ってるかも知れないから

おいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!

そんなことはもっと早く言えよ!!さすがの俺も銃には負けるぜ。一瞬で。
びっくらこいただ。そうか、タイの人は銃持ってるってことがありえる事だったし。こう言われたこの瞬間まで、一切銃のことなんて頭になかった。警備にあたってる警察以外。

thai143.jpg
なにはともあれ、こういう船に乗りました。波に揺られること30分ぐらいかな~。
水はすごく汚かった。この時、屋台ででてた魚ってどっから捕ったんじゃろ、こういう所からかも・・・という思いが俺の頭をよぎった。屋台のもの一切食べなくてよかった。今回の旅では、俺はほとんどキレイなものしか口にいれてない。ちゃんとしたレストランの料理とか、ファーストフード店とか、友人宅で作ってもらった料理とか。

僕が船から外の景色を楽しんでいると友人が言った。
「この川は時々死体が流れてるよ。見れるかも。」

マジか。目線が遠くの景色に変わったのはいうまでもない。そんなものは見たくないぜ。

thai144.jpg
確かに死体が流れててもおかしくないような町で、それがありえそうな川だった。遠くに見えるのは僕らが戻ろうとしている街。

thai145.jpg
結構な都会ですよ。結構なっつーか、すごい都会。なんでゾウが歩いてるか不思議だし。不思議な国・タイ。僕はタイの魅力にハマってしまった。高層ビルと、その近くを流れる川、そして死体・・・。奇妙な組み合わせだけども、それが世界都市バンコクでした。

こうして僕の長くて短い充実した五日間の旅が終わりました。 すっげーーーーーー楽しかったよ。幸か不幸か、死体を見つけずに済んだし、裏の社会も見なかった。バンコク最高!ありがとうございました。

※今日、タイでお世話になった友人に”次に行く時は裏側を見せる”と言われてしまった。タイが初めての僕に気を使ってくれていたらしい。僕が怖がりそうだから。。。

Comment

  • 2008/10/22 (Wed) 07:25
    tsumugi #- - URL

    次は一緒に行こう。

  • 2008/10/23 (Thu) 12:32
    うっちゃん #- - URL

    よろしくお願いします。

  • 2008/10/27 (Mon) 20:48
    naococo #- - URL

    ふぅん。

    無事に帰ってこられてよかったね!!!!!

  • 2008/10/27 (Mon) 21:13
    うっちゃん #- - URL

    いまタイへの観光客が激減してるとか。

    でもそれはホントにイメージだけで、実際のところはタイ全土でいえば99%安全な場所だらけなのに。

    イメージって怖いな。
    しかし、逆を言えば今はものすごく行き時。原油の高騰もあって燃料代はどうしようもないけど、イメージダウンしたことで旅行会社も値下げを始めてる。かつ、もともとタイまでの料金は安い!!
    いまなら5万程度で往復できんじゃないか??

    俺に時間さえあれば絶対行くね!

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する