スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・マジックアワー

三谷幸喜監督・脚本の”ザ・マジックアワー”を観ました。さすがです。誰の期待も裏切らないのが三谷作品だと僕は思う。ヒット作を続々と出しているが故に、プレッシャーも年々増してきているだろうが、そんな余計な心配はいらなさそうだ。
ザ・マジックアワー スタンダード・エディション [DVD]


まだ今年DVD発売をしたばかりなので、感想は控えめにしておくが、まず言えることは(いつもだけど・・)これは観て損はない。確実です。しかも家族で見れる!正月休みでヒマだったら、しょーもないお正月特番を観るよりはずっとか有意義な時間を過ごせてしまうぜっ

相変わらずの豪華出演者たち。香取信吾なんて、多分5秒ぐらいしか出演してないんじゃないかな・・。他にもそんな特別出演の面々はいるけれども、それは三谷作品の魅力故に実現できることで、かつそれが三谷作品というものなのだろう。

<あらすじ>(めんどくさいのでgoo映画より抜粋)
港町・守加護でクラブ「赤い靴」の支配人を任されている備後は、ギャングのボス・手塩の情婦・マリに手を出したのがバレて大ピンチ。5日以内に幻の殺し屋・デラ冨樫を探し出して連れて来なければ命はないと脅される。が、デラの居場所に皆目見当もつかない備後は替え玉を仕立てる苦肉の策に出る。そこで白羽の矢が立ったのが売れない俳優・村田大樹。主演映画を撮りたいと村田を騙し守加護へ連れて来るのだった。

俳優が、何も知らずに殺し屋の役と思って本物の殺し屋としてギャングに立ち向かう。そんなハチャメチャな状況でも、銃撃戦のシーンなどは必見だ。

とくとご覧あれ!
Theme: 日本映画 - Genre: 映画

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。