スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しあわせの隠れ場所

 先日、明日から上映される映画「幸せの隠れ場所」を観た。金髪に染めたサンドラ・ブロッくが出てます。この作品は2009年のNFLドラフト1巡目でボルチモア・レイブンズに指名されて入団したマイケル・オアーの実話でもある]マイケル・ルイスのノンフィクション『ブラインド・サイド アメフトがもたらした奇蹟』を映画化したもの。
100118_blindside_sub1.jpg

キャッチコピーが

あなたの人生史上、最高の実話

と、やや大げさではあるが、この言葉通り激しく感動した。泣ける

<あらすじ>..warnerbrosより抜粋..
父親の顔も知らず、母親とは引き離され、家も寝る所もない、ひとりぼっちの黒人少年、マイケル・オアー。凍てつくような真冬の夜、Tシャツと短パン姿で歩いていた彼に、声をかけたひとりの白人女性がいた。彼女の名はリー・アン、夫と娘と息子の4人家族には広すぎる豪華な邸宅に、マイケルを招き入れる。最初は、憐れみだけだった。しかし、リー・アンはマイケルの瞳の中に、お金では決して買えない輝きを見つける。初めての自分の部屋、初めての自分のベッド、初めての愛し愛される家族に喜ぶマイケル。リー・アンと家族はマイケルから、すべてに感謝しながら生きる幸せを教えられる。マイケルの後見人になったリー・アンは、学校の成績が悪い彼の隠れた才能を発見する。アメリカン・フットボール──大きいけれど敏捷な肉体と、仲間を危険から守る保護本能に秀でた心は、このスポーツにぴったりだった。“家族”の応援のもと、マイケルはたちまち注目の選手となり、あらゆる有名大学からスカウトが訪れる。だが、進路をめぐってマイケルは、“母”が自分を引き取った理由に疑問を抱き、言い争いの末に家を出ていってしまう。
果たして彼らは、本当の家族になれるのか、それとも─?


ひっさしぶりにいい映画みたなぁ・・。しみじみ。(アバター<3D>も公開早々に見たけど寝ちゃったし・・・)
これはねー、かなりオススメ。映画の後半はずっと涙を流してしまったし。泣けるし。かなり。またさぁ、この映画のいいところは、”観客を泣かそう泣かそう”というワケのわからん映画製作者陣の目論見てきなものが全く感じられないこと。普通に(?)描かれているのに、見ているこちらの心を激しく揺さぶる。いろいろと良いところ満載だよ!野村まんさい!!もちろんマイケル・オアーは活躍中。というか、NFLには入ったばっかりだし。それだけに興味深い。

これは1800円払う価値あり(俺は払ってないけど・・・)。アバター見るより断然こっちのがいいし。ずーーーーと、しょうもないものを生み出し続けているハリウッドだけど、これはキタね。やはり事実は小説よりも奇なり。

ノンフィクションに間違いはない。
Theme: 最新映画 - Genre: 映画

Comment

  • 2010/03/02 (Tue) 16:50
    えぼ #- - URL
    No title

    最近またサンドラブロックがヒットしはじめてるらしいね

    あ、そういやオリンピック閉会式にマイケルJでてたぞ!

  • 2010/03/03 (Wed) 01:16
    うっちゃん #- - URL
    No title

    えええええええええええええええええ!!!

    オリンピック、一切見てないし・・。

    連絡しろよボケ。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。