CINEMAなんつって

サロゲート

2 1
久しぶりに、見た映画の感想を書こう。あいかわらず映画館に足を運んだり、DVD借りたりしてかなりの頻度で映画を見てはいるが億劫なのもあってブログに書くのはさぼってました・・。

先日、新作DVDで映画「サロゲート」のレンタルが始まっていたので、前々から気になってたというのもあって、借りて見ました。なんかの映画を映画館で見に行った際に予告編としてこの「サロゲート」なる映画が紹介されていた。その予告がとても面白そうだっったのだよ!どんな映画かというと・・・

あらすじ(goo映画より抜粋)
近未来、人類の98%は自らの身代わりとなる“サロゲート”というロボットを日常生活に使用していた。ある深夜、青年と若い女性がクラブ前で殺された。その二人は実はサロゲートで、眼球を破壊され、IDチップも黒こげになっている。FBI捜査官のグリアーとピータースが女性のサロゲートの持ち主を訪ねると、太った男が目から血を流し死んでいた…。サロゲートの破壊により持ち主まで死んでしまうという、未曾有の事件が発生した。


と、最近では”近未来”という飽きのきているジャンルの映画。主演は映画「ダイ・ハード」シリーズでおなじみのジョン・マクレーン役や、「シックスセンス」で好演したブルース・ウィリス。まず、納得いかなかったのが、予告編でみた台詞・場面が本編ではでてこなかったこと。その台詞で「ああ、これ面白そうだな」とまで思ったのに、それらしき場面は登場しない。DVD化でカットされたのかね。そんなことってあるんだろうか。特典映像までついてくる最近のDVD事情をみると、それはとても考えられないが・・。

正直、この映画は見る必要がない。見たところで、時間の無駄だとまで言ってしまおう。確かに前半は面白かった。面白かったけど、それはただ単に未知のテクノロジーが登場し、未知の展開が繰り広げられるのだろうという期待があったからだ。映画がすすむにつれ、疑問点がどんどん浮かんでくる。俺は結構映画の中に入り込んでしまうタチなので多少のことでは、冷静に考えればあそこどうなってんの?というような事も素直に受け止めてしまう。が、そんな俺でも今回ばかりはそうは行かなかった。もうそうなってしまうと突っ込みどころ満載でストーリーも意味不明。リアリティなさすぎた。

サロゲート microSD

見所をあげるとすれば、まったく似合っていないふさふさヘアー姿のブルース・ウィルスだろうな。映画PR時のインタビューで見たけど、ブルース・ウィルス本人も、またその相手役の女性も、あまりにもブルースのつけたカツラが似合わなかったので笑いをこらえて演じるのが大変だったとか。そして本当に似合ってないし。もうちょっというと、ブルースは禿げ上がりすぎた。ありゃもう坊主でいないと・・厳しいかな。最近はちょっと落ち目な感があるけど、それでもスターなんだからさ・・・。まぁいいっちゃいいんだけど。ぱっと見はもうブルースとはわからないかも知れない域に来てしまっているよ。

2 Comments

There are no comments yet.
No title

-  

2010-08-31 08:58

これ見たけどマネキンみたいなブルースウィルスしか覚えてない
アイロボットのが全然面白い 

EDIT  REPLY    
No title

ウチムラ  

2010-09-12 09:54

どっちもどっちだな。。。俺的には。

EDIT  REPLY    

Leave a reply

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック