スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカーレットレター

映画「スカーレットレター」を観ました。もうすぐ韓国に行くので、韓国に染まるための第一歩。韓国に染まるって、どうなれば染まったことになるかは知らんけど。そこはさておき気持ちの問題。

さて、スカーレットレターは色んな意味で話題となった映画。いつか観ようと思ってた気がするが、その存在すら忘れてしまっていたらしい。
scarlet-letter.jpg


なにゆえ話題だったのか。

①性的な描写、いわゆるラブシーンが激しい。
②脱いだのが24歳のうら若き美人女優。
③その美人女優が若干24歳という若さで自宅で首をつって自殺。
④自殺の原因がこの映画のでベッドシーンを所属事務所になかば強いられて演じたことだという話がある。

確かに、衝撃といわれているラスト30分はかなりしんどかった。とあるシーンを演じたのは地獄のようだったとインタビューで話していたとか。あれはないし。ないことないけど、、まぁ、、、、しんどいし。ありゃ地獄かもな。ラブシーンなんかたいしたことないし。確かにあんな美人があんだけ裸になればスゴイっちゃースゴイけど、映画的には言うほどのことでもない。安達祐実の母親がヌード写真集を出したことのほうが衝撃だし。

それにしても、主演男優ハン・ソッキュだが、映画の間中ずーーーっと、「島田紳助に似てるなー」と思っていた。むしろ島田紳助に見せようしてんじゃないのかとまで。しかし心のどこかでは、「でもどっかで観たことあるなー」と。観終わって、ぐぐって気づいた。

「なんだよ!シュリの主役じゃん!!!」

そりゃ知ってるし。名作もいいとこじゃん。ってか、あいつってもっといい男じゃなかったっけか?少なくとも紳助ではなかったハズだし。
syuri.jpg
確かに上の写真を見比べると同一人物だ。だ、だがよ、劇中の彼は別人のようだったぜ。髪型ばっかり気にしてたのが気になったし。

ちなみに「スカーレットレター」は、「シュリ」から5年経って作られた作品。ってか、イ・ウンジュがイイ女過ぎだろ。映画の中でもダントツに魅力を放していたぞ。どっかの誰か数人の「スカーレットレター」の感想を読んだけど、皆さん酷評。”イ・ウンジュが裸になっただけの映画”なんて書いてる人もいたりして、そりゃねーだろと思うほど。それ言っちゃー何もかもその程度の映画になっちゃうし。そうだな、言うとしたらイ・ウンジュが素敵過ぎたんだな。その魅力が作品を上回りすぎてたかも知れない。

個人的には、この映画好きだよ。確かにラスト30分はしんどい。突然しんどくなるし。ほんとに突然。でも、あれが韓国映画らしいと俺は思う。最後の最後で韓国らしさを出したっていうかさ、あーこれがやりたかったんだな、と納得っちゃー納得。ちまたでは韓流韓流と韓国ドラマがいまだに人気高く、レンタルコーナーでかなりの場所を陣取っているが、あれは韓国の幻想的な部分。ホワイトな部分。オバチャンたちの理想だ。夢をみせてもらってるワケだ。それがいいんだろうけど。何も映画やドラマまでリアルに株価がどーのー、給料がどーのー、世間体がどーのーという必要はないしな。だがその一方で、あんなブームが来る前、そもそも韓国はこうだったんだぞ!というのがない。”純愛”ってのは韓国らしいっちゃらしいんだけど、「スカーレットレター」に純愛は存在しない。俺思うに、基本的に韓国映画は残酷だ。「オールドボーイ」っちゅう映画なんて終わってるし。だがこの映画もまた人気であるし、評価も高い。あれほど目を覆いたくなる描写の仕方をしていてもだ。(原作は日本の漫画なんだけどね・・・。)名を挙げればキリがないんだけど、色んな作品を観た上で、俺の韓国映画に対するイメージは”絶望と残酷”だ。だから何?って言われると困るけど・・・・。

とにもかくにも、ざっとみたところこの映画に対する評価は低い。しかし俺はそーは思えない。美的な観点からすれば、イ・ウンジュの芸術的な裸体スタイルを目にするだけでも価値があるんじゃないか。ストーリーにもきちんと伏線が張られている。そりゃ重箱の隅をつつけば色々でてくるが、それはこの映画に限ったことではない。ハン・ソッキュの演技にも目を見張るものがある。イイ男っぷりから情けないダメ男まで、この映画に登場するキャラはリアルだから逆に難しかったとも思うし。複雑なほうがどんどんリアルに近づく。そうすると映画としてみたときに、観客には矛盾が感じられる。その微妙なボーダーに彼は立っていたんじゃないかな。俺の主観ですがね。

韓国のサスペンスをあまり観たことがない、韓国の違う一面をみてみたいという方には是非オススメしたい。この映画は僕のオススメする韓国映画ベスト5に入りますよ。ほかの4作品? それはすぐには答えられないな。

まぁ観ればいいし。
Theme: 韓国映画 - Genre: 映画

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。