足の裏に釘が刺さった日 ・・skype→救急病院・・

前々回・前回記事の続き

足の痛みから気を紛らすためにSkypeを立ち上げた。そこには、のんきな会話を繰り広げるpipopanぼっちがいた。

ここからは当時行なった実際の会話を交えて書いていくとする。

俺ログイン。pipopanとぼっちは、pipopanのしょーもない引越し話に花を咲かせていた。以下、Skypeのログより。

pipopan: 部屋狭いからベッド捨てた

ウチムラ: もうだめだし

pipopan: そしたら2万円とられた

ウチムラ: 死ぬ

ぼっちっち: かなし

pipopan: w

ウチムラ: 痛すぎて死ぬし

ぼっちっち: クギか

pipopan: 死なんし
pipopan: どれ
pipopan: 写真

ウチムラ: 骨折しとるし

(このとき、もちろん俺は骨折なんてしてなかったんだが、そう思いたくなるほど患部が腫れ上がっていた。)

ぼっちっち: えぇ

pipopan: 釘で骨折せんだろ


ぼっちっち: w


pipopan: 腫れてんの


ウチムラ: 傷のある穴はそんなに痛くないし

ウチムラ: 晴れてる
ウチムラ: 歩けない

pipopan: 雑菌入ってんだし


ウチムラ: トイレいけない


pipopan: 病院行けよ!


ウチムラ: しびれてるし

ウチムラ: 明日行くし。。。
ウチムラ: 釘、、、靴貫いて、めっちゃささってたし

pipopan: こわ

pipopan: 血でたの

ウチムラ: サビがまだ多分入ってるし


ぼっちっち: なんで釘ふんだの


ウチムラ: 血だらけ

ウチムラ: 解体してた

pipopan: 地獄だし


ウチムラ: 家


pipopan: 針の山だし


ぼっちっち: ええ

ぼっちっち: 家で靴はいてんの

ウチムラ: 取り壊す家の解体準備だったし

ウチムラ: 釘、いつ踏んだのかわからんし

ぼっちっち: ええ


pipopan: こわ


ウチムラ: 気づいたら血だらけだったし


ぼっちっち: こわいし


pipopan: ぐりぐりなってんだし


ウチムラ: なんか違和感あるなーと思って、靴の中に石が入ってると思って

ウチムラ: なんども靴をひらひらさせたし
ウチムラ: 気づいたの、その30分後ぐらいだし

ぼっちっち: えぇ

ぼっちっち: ばいきんいっぱい入ってる

pipopan: バイキンマンなる


ウチムラ: ドキンちゃんおらんし

ウチムラ: 痛い

pipopan: メカに強くなるし


ウチムラ: もう痛いしかない


pipopan: バファリン飲め


ウチムラ: 時間経つにつれてひどくなってきたし


ぼっちっち: こわ

ぼっちっち: 壊死はじまる
ぼっちっち: こわい

ウチムラ: 救急車呼びたいぐらいの気持ちだし


pipopan: 壊死こわ

pipopan: 呼べよ

ぼっちっち: 呼んだ方が良いし


ウチムラ: よばんし


pipopan: 呼べるレベル

pipopan: 運転できんの

ウチムラ: 歩けないし。。。。


pipopan: 呼ぶしかないし


ぼっちっち: 呼べよ!!


ウチムラ: よばんn


ぼっちっち: 明日になったらもう手遅れかも

ぼっちっち: 義足なってる

pipopan: 雑菌まわる


ウチムラ: もはや救急ではなくなってるし

ウチムラ: 12時間ぐらいたっとる

ぼっちっち: 明日病院行ったら


pipopan: 痛みひどくなってきた言えばいいし


ぼっちっち: なんで着てくれなかった

ぼっちっち: 言われる
ぼっちっち: 昨日きてたら間に合ったのに
ぼっちっち: 言われる

pipopan: 先生のこぎりだす


ウチムラ: ここまで痛くなかったし。。。

ウチムラ: 痛くて寝れない

pipopan: 呼べよ!


ウチムラ: よばんし


pipopan: おっちょこちょいすぎだし


ウチムラ: おっちょこちょいちゃうし

ウチムラ: それp

ぼっちっち: w


pipopan: 写真アップしろ


ウチムラ: なんの写真だよ


pipopan: 足だし


ウチムラ: 一歩も動きたくないし


pipopan: skypeはしてんだし


ウチムラ: 唸りながらキー打ってるし


pipopan: ビクだし

pipopan: 赤チン濡れ

ウチムラ: シップしてるから、ビクがちょっとさわって

ウチムラ: めっちゃ痛かったし

pipopan: 湿布意味ないしw

pipopan: 菌だし

ウチムラ: ショルなんか、ダイビングしてきたし

ウチムラ: 菌かね
ウチムラ: 傷口じゃないし
ウチムラ: 痛いの

pipopan: 菌まわっとる


ウチムラ: 突き指的な痛さだし


pipopan: 釘おれてんじゃないの

pipopan: なかに入ってる

ウチムラ: そんな深くささってないしw

ウチムラ: あーマジ痛い

pipopan: 写真アップしろよ


ウチムラ: 一歩も動きたくないよ!!!


pipopan: 携帯で摂ればいいし

pipopan: ぼっち消えたし

ウチムラ: けーたい手で取れる範囲にないし

ウチムラ: 激痛

ぼっちっち: おるし


pipopan: 119したほうがいい


ぼっちっち: pのブログみてた


ウチムラ: えぼおらんの


pipopan: エボおらん


ウチムラ: 痛い

ウチムラ: とりあえず痛いよ

pipopan: 俺のブログみてんのなぞだし


ウチムラ: 俺の痛みに興味ないんだし


pipopan: 傷口を口で吸えばいいんだし


ウチムラ: 蛇ちゃうし

ウチムラ: あかん 痛い
ウチムラ: 集中できん

ぼっちっち: うっち痛い痛いいうけど

ぼっちっち: 救急車よばないんだもん

pipopan: w


ぼっちっち: 話すすまないよ!!


ウチムラ: 救急車、大げさだし


pipopan: 痛がりかたが大げさなんだし

pipopan: マイクないの

ウチムラ: 12時間もたってからっておかしいだろ

ウチムラ: 救急ちゃうし

pipopan: マイクで痛さ表せ


ウチムラ: 唸り声しかでない

ウチムラ: さっきまでマンガ読んでたんだけど

pipopan: 12時間経ってるから逆に怖いし


ぼっちっち: 12時間たって

ぼっちっち: 菌がまわってきたとしか思えないし
ぼっちっち: 痛さ増してくるのこわい

pipopan: そのうち脳にまわる


ウチムラ: 集中できんくなったし

pipopan: ゾンビになる
pipopan: バイオハザード出れる  

ぼっちっち: はよ病院だし


ウチムラ: でも

ウチムラ: 打ち身とかって、時間たってから
ウチムラ: 症状でてくんじゃん
ウチムラ: そんな感じかもだし。

pipopan: 打ち身もうちょう早くないか


ウチムラ: ずっと痛いよ


pipopan: 12時間も経つかね


ウチムラ: 最初から痛い

ウチムラ: 痛さ増してきたんだし

ぼっちっち: それあぶない


ウチムラ: 解体帰りに買い物する余裕ぐらいはあったし。


pipopan: http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1115269701


ウチムラ: おも、 ブラウザ立ち上がらんし


pipopan: 破傷風かも


ウチムラ: 写真あんの


pipopan: 破傷風は、破傷風菌が産生する毒素によって、口唇や手足のしびれや口が開けにくいといった神経症状を引き起こしれると全身けいれんを引き起こし死に至る感染症です。


ウチムラ: こわ


pipopan: 写真ない


ウチムラ: 唇しびれてないし


pipopan: 神経に行く前に病院行けよ!


ぼっちっち: 唇そのうちしびれだす


ウチムラ: 手足しびれてないし


pipopan: 汚れや錆のひどい釘を踏んでしまった場合や、踏んでから痛みがどんどん強くなっていく場合
熱感や腫れがひどくなっていく様な場合は速やかにお医者さんに処置をしてもらって下さい。細菌が全身を巡ってしまってからでは大変なことになりますから。


ウチムラ: おお

ウチムラ: これこれ

pipopan: 最近、全身にまわるよ!


ウチムラ: やばい


ぼっちっち: やばいし


ウチムラ: そうはいっても


ぼっちっち: 速やかにお医者さんかいてる


ウチムラ: 速やかさ加減がわからんし


pipopan: w

pipopan: すぐにだし

ぼっちっち: 即だよ!


ウチムラ: 2,3日かも


ぼっちっち: あほちゃうか


pipopan: 病院嫌いすぎだし


ウチムラ: w


ぼっちっち: うっちあほちゃうか


ウチムラ: アホ言われた


pipopan: ぼっち泣いてる

pipopan: 俺笑ってる

ウチムラ: 笑って泣いてだし

ウチムラ: 写真ないのかよ!!!
ウチムラ: 写真で判断したいし

pipopan: どんくらいはれてんの


ウチムラ: どれぐらいって

ウチムラ: 難しいこときくし
ウチムラ: シップはがしたら
ウチムラ: パンパンなってた

pipopan: http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1071259110

pipopan: 足の裏原型とどめてんの

ウチムラ: w

ウチムラ: 原型とどめてるってなんだ
ウチムラ: 変形すんの

pipopan: パンみたいになってんだし


ぼっちっち: 原型とどめてないのこわw


pipopan: ねじれる

pipopan: ねじりドーナツのように 

ウチムラ: そりゃ病院いくし

ウチムラ: こわ
ウチムラ: 怖いこと書いてあるし

pipopan: http://ranrukut.blog45.fc2.com/blog-entry-110.html


ウチムラ: 119に相談できないの


pipopan: できる

pipopan: ワクチン打ってないの

ウチムラ: 知らん いつ

ウチムラ: 打ってないし
ウチムラ: 記憶のある限り打ってない

ぼっちっち: もしかして病院行きたくない感じですか?(この程度の軽い怪我で病院は恥ずかしいって感じ?)

pipopan: 「、糖尿の人が犬に咬まれて、腐り掛けて、3本の指を切断したのよ」

ウチムラ: 腐りかけてはないし


pipopan: そのうち腐る


ウチムラ: しょっと電話で聞いてみようかな。。。


ぼっちっち: きけきけ


pipopan: 聞くべし


ウチムラ: でもなー


pipopan: w

pipopan: でもなーない
pipopan: でもなーないよ!

ウチムラ: 119に聞いていいの

ウチムラ: ちょっと相談なんですけど。。 言うの

pipopan: ちゃうし


ぼっちっち: いう


pipopan: 119電話したら


ウチムラ: どっちだよ


pipopan: どうしました?言ってくる


ウチムラ: 釘刺さりました12時間前 言うの


pipopan: うん


ウチムラ: えー

ウチムラ: 緊急ちゃうしそれ

pipopan: ひどくなってきてんだし


ウチムラ: なんか思い出したようだし


pipopan: そのときは大丈夫だったんですけど


ウチムラ: そういや釘ささったんだ的な。


pipopan: いまもーれつア太郎に痛いんです


ウチムラ: w


ぼっちっち: w


ウチムラ: それ切られる

ウチムラ: もう無視されちゃうし

pipopan: 電話しろよ!

pipopan: 破傷風かもだし

ウチムラ: ちゅーかさ

ウチムラ: 電話とった相手にそんなこと判断できんの
ウチムラ: 誰が電話でるんだ

pipopan: コールセンターちゃうか

pipopan: アイフルでる

ウチムラ: 相談してpたちと同じリアクションだったら意味ないし


pipopan: 救急車手配します。言われる


ウチムラ: 病院行った方がいいんじゃないですか 言われる


pipopan: あるけんのだし


ウチムラ: ちょっと電話してみるか


pipopan: しろしろ


ぼっちっち: 念のためにすぐに受診してください


ウチムラ: ドキドキするし


ぼっちっち: 言われる

ぼっちっち: がんば!

ウチムラ: ドキドキだよ!!!


pipopan: DOKIDOKI


ウチムラ: こんな時間になんか申し訳ないよ


pipopan: そういう仕事だし


ぼっちっち: 税金はらってる


ウチムラ: あー緊張してきた


pipopan: 緊張なぞw


ウチムラ: 自分のことで電話したことないし

ウチムラ: おし、控えめに電話するぞ

pipopan: しろしろ


ウチムラ: やっぱ緊張する


pipopan: http://www.teenagehealthfreak.org/tetanus


ウチムラ: 荷が重い

ウチムラ: ページ開かん
ウチムラ: 緊張してお腹痛くなってきたし
ウチムラ: ヘビーローテーション流れてきたし

pipopan: 緊張しすぎ


ぼっちっち: ヘビーローションだし


pipopan: はよしろよ!


ウチムラ: 電話して、ヘビーーローテーション聞こえたらいたずら思われる


pipopan: 星ラップながせ


ウチムラ: いらっとるするし


ぼっちっち: w


ウチムラ: ちょとトイレ


pipopan: いけんの・・・


ぼっちっち: ww

ぼっちっち: トイレいけたw
ぼっちっち: 歩けないうそかよ!

pipopan: 大げさだし


ウチムラ: 片足でいくよ!!!

ウチムラ: 電話・・・

pipopan: してこい


ウチムラ: おし

ウチムラ: するぞ
ウチムラ: ドキドキだし

ぼっちっち: おう


pipopan: (tmi)


ウチムラ: 119だっけ


pipopan: うん


ウチムラ: 病院に電話して聞いたほうがいいんちゃうの


pipopan: 119でいいし


ウチムラ: 病院に聞いてください言われそうだし


pipopan: 言われんしw


ウチムラ: おし

ウチムラ: ボタンおす
ウチムラ: あいにーじゅー♪かかってるけど。。。

pipopan: 音消せばいいし



ウチムラ: ほら

ウチムラ: だめだったし!

pipopan: なに


ぼっちっち: だめだったなに


ウチムラ: 病院紹介する電話番号教えられたし

ウチムラ: そっちかけろ言われたし

ぼっちっち: かけろかけろ


pipopan: 運転できんし

pipopan: なんて言った

ウチムラ: 最初、救急車よぶていで話が進んじゃったし


pipopan: それでいいし


ウチムラ: だめ

ウチムラ: いま行く必要があるかどうか知りたいんだし
ウチムラ: 電話する

pipopan: しろしろ


ウチムラ: どきどきだよ


pipopan: ブラックジャックでてくる


ウチムラ: またまわされる


pipopan: どこにまわされる


ぼっちっち: たらいまわしされる


ウチムラ: 今日の救急担当の病院に電話してください言われたし

ウチムラ: めんどーーー
ウチムラ: もうめんどいし
ウチムラ: 症状聞く前に言えよ
ウチムラ: 2回とも症状言わされたし
ウチムラ: おし
ウチムラ: 電話する

pipopan: しろしろ


ぼっちっち: がんばれ!


ウチムラ: そういや

ウチムラ: 昼から手の震えがとまらん

ぼっちっち: こわ


ウチムラ: 電話する


ぼっちっち: はい


ウチムラ: あと9時間まてばいいんちゃうに

ウチムラ: まただし

pipopan: なにまた

pipopan: あと9時間も放置してたら脳にまわる

ウチムラ: あ

ウチムラ: 疲れた
ウチムラ: 結局
ウチムラ: 判断できない言われたし

pipopan: 見ないとなんとも


ウチムラ: あまり症状が我慢できないようでしたら来てもらったほうがいいですし言われた

ウチムラ: 我慢できるっちゃーできるし

pipopan: 手の震えとか言ったか


ウチムラ: あーいっとらん

ウチムラ: ってか、症状きかれんかった
ウチムラ: たいして。

pipopan: 神経やられてるよ!


ウチムラ: コールセンターの人に一番きかれたし


pipopan: 救急車呼べばいいし


ウチムラ: あーもうどうすりゃいいのさ


pipopan: タクシーがわりに利用してる人もいる


ぼっちっち: 今こそタクシーにするべきだし


pipopan: 呼べ呼べ

pipopan: エボカー呼べ

ぼっちっち: エボカーだった

ぼっちっち: エボカー 三重までならいくらしいし

pipopan: タクシー呼んでんのかね


ぼっちっち: そうだといいな


ウチムラ: 病院いってくる

ウチムラ: じゃ。

俺がようやく出発した時、時刻は深夜1時を回っていた。


ぼっちっち: いってらしゃい!

ぼっちっち: 気をつけてね

ウチムラ: (遠いし・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


pipopan: いってら

pipopan: やっとだし
pipopan: 一時間くらい粘ってたし

ぼっちっち: その一時間が命取りになるとこだったし


pipopan: おそろしや


ぼっちっち: wぼきた

ぼっちっち: エボこん

ウチムラ: ほいー


ぼっちっち: うっちおか

ぼっちっち: 今病院?

ウチムラ: タクシー


ぼっちっち: たくしーでむかってた


ウチムラ: 病院行くかとおもうと痛み倍増だし。


ぼっちっち: 病院行ったら痛みおさまるし


ウチムラ: ジャージで来たのが悔やまれる


ぼっちっち: いいし

ぼっちっち: そのまま入院なるかもだし
ぼっちっち: 丁度いい

evorou: ねーみーよ

ぼっちっち: エボお疲れ


evorou: 病院いったのか

ぼっちっち: 今病院向かってる


evorou: おす

ぼっちっち: めす


evorou: そんな重症なの
evorou: 画鋲程度ちゃうの


ぼっちっち: 重症かもしれないから病院行けって言ってた

ぼっちっち: 靴突き破ってささったって

ウチムラ: 入院ないし


evorou: こわw 

ぼっちっち: 破傷風だったら死んじゃうかもしれんらしいし

ぼっちっち: こわい

ウチムラ: はええ もう着くし


evorou: やばいよやばいよ 

pipopan: エボ来たのw


ぼっちっち: ちゃんと診てもらえよ


pipopan: 最後の面会なんだし


evorou: うっちゃんが心配できた

ウチムラ: うそだし


ぼっちっち: 最後の面会ひどw


pipopan: 病院着いたかね


ウチムラ: 着いた いってくらー


ぼっちっち: いてら!


evorou: 手術終わるまで待合室で待つし

ぼっちっち: 緊急手術なる


pipopan: 先生のこぎり出す


evorou: がんばってね!

ぼっちっち: 義足のうちむら誕生する


evorou: ウイーンウイーン

pipopan: C3POみたいになる


evorou: 黄金色なって帰ってくる

ぼっちっち: みんなひどいこと言いすぎだしw


pipopan: 俺に感謝するんだし


evorou: レントゲン持って帰ってきてアップしたらいい

pipopan: あるけんの

pipopan: うっちゃんがタクシー乗ってるとき  
pipopan: おれはケチャップを便所に流してたし

ぼっちっち: w

ぼっちっち: どーでもいいんだし
ぼっちっち: うっちの事心配してなかった

pipopan: してるよ!心の片隅で


ぼっちっち: ケチャップ、だめになっちゃったのか


pipopan: 心配しながらケチャップだしてた


ぼっちっち: w


pipopan: 冷蔵庫の中身一掃してる



こうして、pipopanとぼっちは激しく俺を不安にさせて病院へ向かわせた。アホ呼ばわりされつつ、まぁ、、感謝してるよーなしてないよーな。アリが10匹。
それにしても、今回のようなケース困る。病院が休み、もしくは診療時間が終わってる場合、気軽に行けない。そもそも俺は病院が嫌いなのでどっちみに気軽には行けないんだけども。。 痛み、我慢できるっちゃー出来るって場合、困るし。
まあなんだかんだで上記会話にもあったが、pipopanとぼっちのアドバイス通り、俺は119に電話をかけた。 

まず、「火事ですか?救急ですか?」聞かれる。
俺、「あーっと、救急なんですけど、ちょっと聞きたいことあって。。今日、足に釘がささったんですけど」
と、ここまで言って相手が口を挟んできた。

「どっちの足ですか?右ですか?左ですか?」

戸惑ったが、質問されているので一応答えた。で、さらに相手は詳しい状況とか、症状を聞き出してきた上、では救急車だしますんで、家どこですか?とトントン拍子に話が進んでしまった。。(え?俺は質問あるって言わなかったか・・?そんなんだからタクシー代わりに呼ばれちゃうんだし。)

「いや、救急車呼んでもらう前に・・・なんたらかんたら」

と、電話の相手に言ってもしょうがないと若干気づきながら、どうすべきかを問うた。

相手「あー、じゃあ、救急医療情報センターの電話番号教えますので、そちらで聞いてください。なんとかかんとか・・・・」

と。はよ言えよ。そして人の話聞けよ。そう思いながらお礼の言葉もそこそこに、俺は案内された電話番号にかけた。

ところがどっこい、電話に出た相手はまたしてすかさず俺の症状を聞いてきた。当時の状況とかなんか色々。そんなことこの電話で言う意味あんの?と思いながらも話を続けていたら、やはりまた違う番号を告げられた。さすがに今度は正しい案内だった。それは本日の救急担当の病院だった。(救急車がメインで向かう病院だ。)
で、遂にラストを飾るにふさわしい(?)病院へと電話した。

相手「はい 〇〇病院救急なんとかかんとかです。」

俺「あ、すいません。ちょっと今日怪我しちゃっ」 ここまで言って遮られた。

相手「じゃあ看護師に変わりますので」

つめたっ。なんか冷たいし。と思いながらも、無事に看護師と話ができ、ようやくその病院へ向かう運びとなった。

俺の感覚ではさー、救急車を呼ぶってかなりの悪い事態の時だと思ってんだけどね。意識を失ってるとか、血がどくどくと流れ出ているとかさ。俺の場合は確かに痛みはすごかったけど、救急車呼ぶなんてとてもとても仰々しい気がして無理だった。どっちにしろ、救急車で運ばれても帰りは送ってくれない訳だし・・。

ちなみに俺が今回行った病院は、昼間なら家から40分ぐらいかかるところにある病院だったんだけど、深夜だったため15分ぐらいで着いた。救急車呼ぶよりは早かったんじゃないかな。

とはいえ病院に無事到着し、若干安堵している俺にそのあと1時間半も待たされることになるとは、その時の俺には知り得ようがなかった。


続く・・・・・。

(ってか、ながっ。 ・・・まだまだこれから展開あるし・・)



Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する