Welcome to my blog

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんだかんだ

足の裏に釘が刺さった日 ・・洗浄そして帰宅・・

5 0
続きの続き

ようやく俺の傷を見てくれることになった。医師に「これはちょっとやっかいですね」と言われたまま放ったらかしにされていたままの俺の傷を。

医師「中に入っちゃってますね。」

俺「(釘についてた)サビがですか?」

医師「サビ・・かどうか分からないですけど、鉄が入ってますね。これは取れないだろうなぁ」

とっても俺を不安にさせる医師。

医師「傷回りも汚れてますので、洗浄してちょっとほじくってみます。」

洗浄はいいけど、傷口ほじくるのかよ。俺は既に安全ピンで実施済みだったけどな・・・。
で、その洗浄がこれまた痛かったんだよなー。マジで。今ほじくってんじゃねーの?ってぐらい痛かった。痛すぎて、俺聞いた。「あとどれくらいするんですか?」と。医師は手にもった500mlの洗浄液入りのビニール袋を俺に見せて言った。「これが全部なくなるまでです。」と。その時点で、洗浄液はまだ4分の1ぐらいしか使われておらず、俺は気が遠くなった。そして洗浄の途中から、洗浄しながら傷をほじくりますと言い放った医師。それがあまりにも痛いもんだから、俺はイタタタタの連続。。。俺のあまりの悶絶ぶりにみかねた医師が聞いた。

医師「麻酔しますか?」

俺「麻酔って注射打つんですよね、で、それがまた痛いんですよね?」

医師「そうですね、注射は足にするので。。。」

俺「じゃあいいです。。。」

そこから痛みに悶えること数十分。俺は医師の手からは開放された。もちろん足の痛みは変わらず、どころか痛い。

医師「ここまでですね。ここで出来るだけのことはしてみましたが、ちょっとこれは外からは取れそうにないですよ。月曜日に必ず整形外科に行ってください。」

と突き放される俺。破傷風のワクチンと、殺菌剤(?)となんかを筋肉注射をしてもらっただけ来た甲斐はあった。洗浄もしてもらえたし。
帰り際、すごく心配そうな顔をした看護師さんが松葉杖を持っていきますか?と聞いてくれたが、その病院は自宅から遠かったので、返すのがめんどくさいからいいやとお断りしました。せっかく言ってくれたんだけどね。スマンね。

こうして俺のER初体験は終わった。足を引きずりながら病院をでたとき、空は明るくなっていた。
帰宅したのは午前5時。Pipopan、ぼっち、えぼが待っていてくれるハズもなく、足の痛みで眠れるハズもなく、なんでこんなことになっちゃったかなぁと俺は朝日を見ながらぼーっと考えていた。

- 5 Comments

There are no comments yet.

pipo  

2012-06-17 12:25

痛がりすぎ。俺だったら麻酔打ってもらったな。

ブログのデザイン変わってるし

EDIT  REPLY    
No title

えぼ  

2012-06-17 23:53

朝方になってたのね・・・ うっちゃんが痛さに悶絶してる頃、皆は夢の中だったのだろう。

このブログデザインやだし、もっと明るいのがいい

EDIT  REPLY    

ウチムラ  

2012-06-18 17:23

ん?ブログ何で見てんだ?PC版とケータイ版とスマフォ版で全部デザイン違うようになってるし。
エボはPCでみたのかな。。、変えるか。。、

EDIT  REPLY    

ぼっち  

2012-08-06 17:04

日記、今気付いて読んでるし。
傷口ほじくられるのめっちゃ痛そうだし。
じいさんの骨飛び出してるのより痛そうだよ!!

EDIT  REPLY    

ウチムラ  

2012-08-06 18:46

>ぼっち

おそっ。こんなに一生懸命かいてたのに!遅い。おそいよっ!!

いや、じーさんの骨飛び出してるほうが痛そうだし・・。骨だぞっ骨っ!!

EDIT  REPLY    

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。