手術はまぬがれました。

 第一回目の整形外科での診察から、松葉づえ生活を送ること五日。熱にうなされ、足の痛みに悶えつつ、症状はだんだんとよくなっていった。さすが現代の医学。医者ってすげー。看護師ってすげー。と思ったり思わなかったりしながら、第2回目の診察に行った。
 今回は再診で、予約制だったので病院到着から、診察室INまで10分とかからなかった。医師に患部を見せること2秒。「あーだいぶ良くなりましたね。手術しなくてもよさそうですね。このまま経過観察としましょう。薬ももういいですよ。何かまたあったら来てください。」と。5分たらずで終了。あっけない。誠にあっけなかった。結構なことなのだがね。松葉づえ、持っていきますか?と聞かれた。足の痛みはもちろんあるのだが、もう病院に来なくてもいいというのに、松葉づえを借りてしまうと返しに来ねばならない。そんなわけで、丁重にお断りした。これまたすぐに後悔したんだけど・・・。痛くてね。

そんなこんなで今日に至るわけだが、おかげさまでなんとか普通に歩くことが出来るようにまで回復しました。親指の付け根なので、踏ん張ると激痛が走ったり、足のことを忘れてうっかり車のサイドブレーキを思いっきり踏んで「いたー!」ということもありますが、あとはこのまま痛みが消えることを待つばかり。

ちなみに俺の足には異物が二つ入ったまま。なにかのきっかけでまた化膿してくることもありえるらしいが。きっと大丈夫だろう。

こうして明日からも大きな一歩を踏み出して生きていく。

Comment

  • 2012/06/27 (Wed) 15:46
    #- - URL

    今よりもさらに大きくなってどうすんねん!!!

  • 2012/06/30 (Sat) 22:27
    ウチムラ #- - URL

    ・・・。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する