スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

pipopan交遊録

今日久しぶりに夢を見た。BARメンの登場する夢を・・・。

なぜか舞台は学校で、俺は学生(わかっ)。
pipopanとの関係はリアルと同じでチャットする仲間。

最初、おれは佐賀ではないどこかの地で普通に授業を受けている。なんの授業かわからないけど。。。
あ、国語だったような気がする。
そうそう、国語のテスト返しだった。
となりにいた北沢君とおしゃべりしながら、時間は経過する。
北沢くんとしゃべりながらも、斜め二席前の恵子ちゃんを気にする俺。

北沢君「おれ満点とれそう」

俺「おれ、よゆー」

テストが返却された。
もちろん俺は100点
北沢君は36点だった。

えええ・・・・落ち込んでるよ!どうしよう。。。

なんて心にもないことを思ったり思わなかったりしていると、
お昼休みのチャイムが鳴った。

キーンコーンカーーんコーン

チャイムが鳴ると同時にみんなダッシュ!!!!

えええ?なんだっけ?なにあるんだっけ??

久しぶりの学校生活に戸惑うおれ。

「あ、パンかわなくちゃ!!」

パンの売り場にいってみると、もうそこにはかりんとうしか並んでなかった。

けっかりんとうなんか くえっかよ!!

と、いきがっているとケータイが鳴った。
どうやら俺は引越しをすることになったらしい。。。


~場面は変わって他の学校~

とてもいい景色の中、断崖絶壁にそそりたつ校舎。

へええ、ここが佐賀の学校か。。。

そう思いながら俺が景色を楽しんでいると、
後ろから声がきこえた。

pipopan「おい」

俺「あ。。」

pipopan「くるのおせーよ」

pipopanの隣にだれか少年がたっている。
(pipopanも淡いオレンジ色の服着た少年。)

pipopan「こいつ いとこ」

その少年をさしてpipopanが言った。

俺はなぜか無言でその場を去った。
怪談を駆け下りていると、ケータイを先ほどの場所に忘れてきたことに気づく。

ケータイをとりに教室へもどると、俺の席に女の子がすわっていた。
その子が俺に話しかけてくる。

女の子「ケータイ 忘れると危ないよ」

おれ「ええ?なんで?」

女の子「今、忘れ物したひとをねらって襲う人がいる」

おれ「ええ。。。佐賀こわ。。」

女の子「それより、pipopan怒ってたよ」

おれ「ええ。。何で。。」

どこからともなくpipopanのいとこがやってきて。。

pのいとこ「あいつをバーベキューに誘わなかっただろ」

おれ「ああ。。。」

いつのまにか後ろにいたpipopan。顔がすねてた。すねちゃま。

おれ「ええ。。だって。。。まだ佐賀よくわかんないし・・」

pipopan「なんでだよ! なんで誘ってくんないんだよ!!」



中途半端だけど、ここで目が覚めた。

意味不明な夢だし。。

Comment

  • 2005/05/14 (Sat) 23:03
    ぼっちっち #mQop/nM. - URL

    かりんとうしか並んでないのと
    いとこの後ろですねてるpださw

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。